ショッピングカートに追加しました

エラーが発生しました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。継続してエラーが起きる場合はカスタマーサービスへご連絡ください: customerservice.japan@patagonia.com
インド、マディヤ・プラデーシュ州のピザンプールを拠点とするプラティブハ・シンテックス社のフェアトレード委員会のメンバー
THEODORE KAYE

生活賃金と最低賃金の違いは何か?

私たちはパタゴニア製品の製造に携わる労働者が就労場所で、少なくとも最低賃金は確実に受け取っているよう、パートナー工場全社が支払う賃金を緻密に追っています。しかしたいていの場合、それらの賃金が適切な生活水準を提供するのに十分かどうかについての知識は、私たちにはありません。

簡潔にいえば、生活賃金は食事、水、住居、ヘルスケア、教育、衣類、輸送、育児といった暮らしの基本的ニーズを満たす適切な賃金です。

しかし、生活賃金を計算するためにあらゆる状況に使える計算機は存在しません。ある組織は生活賃金を1人の大人が4人家族を扶養する条件のもとに、また別の組織は2人の大人が5人家族を扶養する条件のもとに計算するかもしれません。

長年にわたり、さまざま政府やビジネスや市民社会団体が、不公平な賃金の問題に対する認識を高め、就労条件と労働時間を規制し、最低賃金を上げ、世界中の労働者を厳しい貧困から脱出させる実行可能な戦略を練ってきました。

国連の世界人権宣言の23条は「労働する者は、すべて、自己及び家族に対して人間の尊厳にふさわしい生活を保障する公正かつ有利な報酬を受ける権利を有す」と述べています。

しかし、衣類製造に携わる労働者は生存のための最低限すら保証されていません。衣類製造産業は概して安価な労働力を求めるため、搾取が容易な社会的権限に欠ける人びとやコミュニティが存在する開発途上国にはじめて参入する産業であることが多いのです。過去数年間、私たちは開発途上国の工場労働者が、概ね開発国からやってくるバイヤーの飽くことのない食欲を満たすため、生産性を高め、より早く働くように圧力をかけられているのを目撃してきました。それはときとして悲劇的な結果を招きます。サプライチェーンにおける最も脆弱な労働者は、不公平かつ不満足な賃金に加えて、耐え難い作業量を強いられるという虐待を受けることになるのです。非人道的なまでに低いハードルを設定されている衣類製造に携わる労働者は、生活賃金に到達するという目標を熱望するようになりました。

信頼でき、かつ継続して調整される生活賃金の推定値は、パタゴニアがビジネスを営むほとんどの国において存在せず、いったいどの金額を私たちの目標として設定すべきなのかも未だに不明です。分かっていることは、現在私たちのサプライチェーンにおける大部分の労働者が生活賃金を受け取っていないことです。

現時点での私たちの最善のツール
パタゴニアは私たちの製品を製造する労働者の生活を向上させるための手段を講じています。信頼できる生活賃金のベンチマークにまつわるチャレンジに挑むため、私たちはフェアトレードUSAと共同で仕事をはじめ、公正労働協会(FLA)とも、会員の1社としてとして大規模かつ複雑な公正賃金プログラムに乗り出しました。

2014年以来、アメリカを拠点とする非営利団体であるフェアトレードUSAは、パタゴニアの名の下に働く人びとにできるだけ多くの収入をもたらすため、縫製工場と直接仕事をするよう私たちを支援しています。フェアトレードUSAが開発したのは、労働者に力を与え、パタゴニアのような企業に各製品について追加コストをチャージする独自の方法です。私たちが支払う追加基金は労働者が管理する口座に直接送られ、工場労働者がボーナスとして各人に配分するか、労働者自身が決定した全労働者に恩恵をもたらすプロジェクトに使用されます。

2015年秋、パタゴニアは6つの工場にて191製品をフェアトレード・サーティファイド・ソーイングにて製造しました。これはわずか1年前のフェアトレード10製品をはるかに上回る数字で、私たちはこの前進を誇りとしています。

フェアトレードを工場に導入したことにより、予期せぬ恩恵を得られました。2014年インドのある工場の労働者は、フェアトレードのプレミア賞与によって追加収入だけではなく、経営陣との対話の糸口をつかみました。工場内に清潔で安全な調理室をつくるためにフェアトレードのプレミアを利用することを労働者が投票をしたことを知った工場管理者は、その建設費用を支払うことを決めました。フェアトレードをきっかけとした対話の結果、工場管理者が労働者のニーズをより良く理解できるようになったのです。労働者は安全な空間で調理できるようになり、フェアトレード基金の一部をモンスーンシーズンのレインコートの購入にあてることができました。

フェアトレードに加えて、私たちは公正労働協会のメンバーとして生活賃金の問題に対応する試みも行っています。現在FLAは世界中で賃金のデータを収集しており、貧困ライン、工場報酬に対する最低賃金と生活賃金をグラフにして発表する予定です。私たちはこれらのグラフを用いて、私たちが支払う賃金と生活賃金との格差を測ります。2017年12月までにはFLAとともに私たちの賃金ベンチマークを設定し、最終製品組み立てのサプライチェーンで賃金の引き上げ開始のための計画を完了させる予定です。

私たちの考え
私たちは現在、パタゴニア製品を製造する工場における生活賃金を決定できないことに不満を抱いています。またそれが実現しても、生活賃金はたんに人びととその家族が存続するのに必要な最低限のものであり、繁栄をもたらすものではありません。

産業界を麻痺させているこの問題をFLAのプログラムと賃金ベンチマークが解決してくれることに期待しています。賃金ベンチマークはまた、他のメンバーであるブランドが目標を設定し、彼らの前進を公式に報告するためにも有益です。

私たちはお客様が進んで衣類に支払う金額を決定するのに日々格闘しています。私たちがビジネスを継続するためには小売価格は市場に関連したものでなくてはならず、そのために契約する全工場で普遍的に賃金を上げることはできません。それと同時に、私たちはビジネス関係において彼らと公平かつ良きパートナーであることを望み、それは賃金についてじっくりと見極めることを意味します。フェアトレードはその第一歩に過ぎません。私たちはビジネスを営むことによって変革をもたらし、価格連鎖全体において賃金の公平さを保証するために何ができるのかを示せると強く信じています。私たちがすべてを解明したわけではありません。これはまだまだ厳しくでこぼこの多い道で、未知数も多くありますが、次の大きな一歩を踏み出せることに興奮しています。