ショッピングカートに追加しました

エラーが発生しました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。継続してエラーが起きる場合はカスタマーサービスへご連絡ください: customerservice.japan@patagonia.com

ウールの調達

パタゴニアでは、私たちの品質水準を満たす素材開発のため、たゆまざる努力を注いでいます。そして素材が動物に由来する製品については、動物の人道的な取り扱いと土地の健康を再生させることを優先する素材の開発に尽力しています。その目標に向けて、私たちはパタゴニアのウール規格を開発しました。これは動物愛護と責任ある土地再生についての重要な事項を盛り込んだ世界で最も厳格な基準であると、パタゴニアは確信しています。

私たちの規格は、以下の鍵となる分野において、厳格な指導と責任説明を提示しています。

動物愛護: パタゴニアの規格は、Responsible Wool Standard(RWS)の規定を動物愛護の基礎として採用しつつ、それ以上の条件を要求しています。

  • パタゴニアの規格は、牧場労働者による動物の人道的な取り扱い、羊毛を刈り取る際の怪我の防止、去勢と断尾の適切な年齢幅、餌と水の常時供給のみならず、輸送、および農場外での食肉処理を含む特別な動物愛護規定を含みます。
  • 監査方法においても、RWSの規格以上の2段階の監査を要求します:1)剪毛の際に監査人が実際に剪毛慣行を観察し、規格が満たされていることを確認する。2)出産の際に監査人が出産工程、断尾、去勢、および関連するすべてのリスクについて監視する。

責任ある土地再生: パタゴニアの規格は、RWSの厳格な土地再生規定も含みます。パタゴニアはRWS規格設定にあたって主導的役割を担い、RWS規格は草原再生方法におけるパタゴニアの経験に基づいて設定されたものです。これらの規格は、羊が飼育される草原とその他の生物共同体の両方に関するものであり、生物多様性の保全、土壌再生、農薬/肥料の使用についても規定されています。

品質: ウールを含むあらゆる原材料の調達において、これまで、そしてこれからも、品質はパタゴニアの規定の主要な柱となります。パタゴニアの品質規定はパタゴニアのウール規格から独立したものとして存在し、新しいサプライチェーンにおいてはウールの品質がさらに向上することを期待しています。

パタゴニアは、これらの重要な要素をともに稼動させ、サプライヤーとの強靭なパートナーシップを組み、ウールのサプライチェーンにおける羊の扱いにおいて、以下が確実に満たされるよう、十分な責任説明義務を含む厳格な規格を構築しました:

  • パタゴニアのサプライチェーンの管轄外であったとしても、農場あるいは農場外における人道的な命の終焉
  • 合理的な輸送時間と安全な食品および水の消費を守る適切な安全措置
  • 羊毛の刈り取りとその他業務における牧場労働者による慎重かつ人道的な取り扱い
  • 潜在的に苦痛を伴う作業全ての、厳格な管理下での履行

パタゴニアはいかなる規格も完璧でないことを認識し、継続した改善をつねに私たちの目標として掲げています。

パタゴニアのウール規格はこちらでご覧いただけます(英語)。

パタゴニアの価値を共有するパートナーの選択

動物愛護の規格が整いはじめた時点で、私たちは動物愛護と土地の健康の回復にパタゴニアと同様の知識と情熱をもつ牧場を求め、世界中を訪問しました。その後、RWSに提案された多くの利害関係者からの規格と、パタゴニアが独自に採用した人道的輸送および農場外での食肉処理についての措置(この両項目はパタゴニアのサプライチェーンの管轄外であるにも関わらず)を試行する監査に着手しました。

現在パタゴニアがウールを調達しているのはそれを満たす一社、オレゴン州にあるインペリアル・ストック・ランチ・カンパーニです。同サプライヤーはこれまで剪毛と羊の出産の際に第三者による独立監査を受け入れており、パタゴニアのウール規格の厳しい規定を履行できる素晴らしいパートナーであることに自信をもっています。

私たちはメリノのベースレイヤーとその他の製品に必要なウールの調達のために、さらにパートナーを探していきます。そうしたパートナーについても新しい規定のもと、完全な監査工程を実行します。

今後もパタゴニアの活動の進捗について、そして動物愛護と草原再生のための厳しい規格のもとに調達したウールを採用した製品についても、継続してご報告していきます。

 
素材とテクノロジー

素材とテクノロジーについてさらに見る