タカイナ

ランニングがレインフォレストを守れるとしたら?

play icon
古代の多雨林と最後の野生地の未来を守る闘い

タスマニア島の北西部にあるターカイン(アボリジニの言葉でタカイナ)地方は世界最後の手つかずのゴンドワナ多雨林のひとつを有し、また南半球においてアボリジニの考古遺産が最も密集する地域のひとつでもあります。しかし恐竜が地球を歩きまわっていた時代からほとんど手つかずのままのこの場所は現在、林業と鉱業を含む歴史的な採取産業のなすがままになっています。活動家、地元民、アボリジニのコミュニティ……これらの相反するストーリーを紡ぎながら、トレイルを走る医師とひたむきな環境保護活動家の体験を通して、現代の環境保護運動の複雑さを明るみにし、最後に残された真の野生地を守る挑戦を人類に投げかけるパタゴニア・フィルム制作のドキュメンタリー映画です。

タスマニア州政府にタカイナ(ターカイン)を世界遺産としてノミネートし、保護するよう依頼しよう。 嘆願書に署名
タカイナ・フィルム上映会

オーストラリア・タスマニアを舞台とした『takayna(タカイナ)』フィルムの上映と、トレイルランニング・アンバサダー石川弘樹が関わる「南三陸火防線プロジェクト」のイベントをパタゴニア直営店で実施します。

日時 場所 スピーカー
7/11(水) 19:10~20:50
アンバサダー・石川弘樹
7/13(金) 19:10~20:50
パタゴニア・篠健司
7/18(水) 19:10~20:50
パタゴニア・篠健司
7/24(火) 19:10~20:50
アンバサダー・石川弘樹
7/26(木) 19:10~20:50
パタゴニア・篠健司
8/2(木) 19:10~20:50
パタゴニア・篠健司
8/21(火) 18:30~20:30
アンバサダー・石川弘樹
8/23(木) 19:00~21:00
アンバサダー・石川弘樹
8/24(金) 19:00~21:00
アンバサダー・石川弘樹
なぜ世界遺産保護なのか

ボブ・ブラウン博士がなぜタカイナ(ターカイン)保護のために世界遺産指定が重要なのかについて語ります。

ストーリーを読む
〈ボブ・ブラウン財団〉

〈ボブ・ブラウン財団〉は長年、世界遺産としてタカイナ(ターカイン)を保護することに焦点を当ててきました。パタゴニアは環境助成金プログラムを通してこの組織を支援していることを誇りに思います。

パタゴニアのパートナー紹介