ケミカル・リサイクル

ケミカル・リサイクルは原料を基本的な構成要素に化学的に分解する方法です。

なぜ

ケミカル・リサイクルは原料を基本的な構成要素に化学的に分解する方法です。家を砂粒まで解かして新しい家に建て替えるようなイメージです。

ケミカル・リサイクルは他の方法ではリサイクルできない原料をリサイクル可能にします。化学工程は実際の廃棄物を何か新しいものに変えることができるのです。

メカニカル・リサイクルはより確立されていますが、ケミカル・リサイクルは最終製品の品質、色、パフォーマンスにおいてより優れた柔軟性を提供します。原料を化学構造まで分解することによって着色剤や汚染物質を除去することができます。

環境に与える影響の削減もまた顕著です。化学的にリサイクルされたポリエステル繊維を衣類に使用することはバージン・ポリエステルと比較して水の使用量を58%、二酸化炭素排出量を35%も削減することが分かっています。

廃棄物を新たなものに変える

ケミカルリサイクルは、従来のリサイクルプロセスに比べてエネルギー消費量が多いものの、環境面での節約には変わりありません。
35%

バージンポリエステルと比較して、ケミカル・リサイクルされたポリエステルを使用した場合のCO2排出量削減量

現在の取り組み

世界的にはケミカル・リサイクルの需要は多くありません。私たちはポリエステル、ナイロン、エコニルのような化繊原料のみならず、リフィブラ・リヨセル(本質的にテンセルへ分解)などの天然繊維でもこのプロセスを利用しています。もし他社もこの需要を支えれば、より高度な技術と絶対的に必要な世界規模のインフラ構築への支援の強化につながります。

衣類のケミカル・リサイクルには確立された回収インフラ(古い衣類が再生工場へ送られるための回収箱がいかに少ないかを考えてみてください)が欠如しています。テクニカル・リサイクルの課題と同様に、特定の汚染物やジャケットに混紡されたスパンデックスなどが布地のケミカル・リサイクルを困難にするのです。

次なる展開

リサイクル素材だけを使用した製品へと移行していくにつれて、生地の品質や機能を高い水準で維持するためにはケミカル・リサイクルが重要です。そこにはもっとも醜く汚い、誰にも望まれない廃棄物を、美しく便利な繊維や素材、そして最終的にはあなたが着用する衣類へと変換できる高い潜在的可能性が存在するのです。 私たちは新たなケミカル・リサイクル技術開発と安定したサプライチェーン設立のための支援をつづけます。

ケミカル・リサイクル
よく使われる検索語