burgerburgerchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightellipsesellipsespro logopro logopro logopro logologologonavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgernavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xLoading ...Patagonia Loading Iconplayplaysearchsearchshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledxx

H₂Noパフォーマンス・スタンダード

H₂Noパフォーマンス・スタンダードは防水性、透湿性および耐久性におけるパタゴニアのベンチマークです。

なぜ

防水性製品の多くは体をドライで快適に保ちますが、その機能はやがて失われてしまいます。登高中に汗をかいた時の不快さや、氷点下の中で濡れたジャケットの耐久性が低下したり、生地の剥離や透湿性が低下する状況を考えてみてください。

そこでパタゴニアが透湿性防水素材を開発しはじめたとき、私たちの目標は、最高レベルのプロテクションを長期にわたって提供するギアを作ることでした。

すべての製品がパタゴニアの高い機能性と耐久性の水準を確実に維持できるよう、私たちはベンチマーク、およびパタゴニアの製品保証にふさわしい十分な防水性、透湿性、耐久性の一連のテストを設定しました。

H₂Noとは?

ラボとアウトドアフィールドの両方で製品の防水性、透湿性、撥水性、長期的な耐久性を測定する長期間にわたるプロセスです。
テスト、すすぎ、リピート

私たちの素材や製品は、土砂降りのコンディションで繰り返しテストを行い、酷使した後でも体を確実に保護します。

現在の取り組み

パタゴニアのH₂Noパフォーマンス・スタンダードは技術でも特定の素材ではありません。防水性素材や防水性製品のひとつひとつがラボとフィールドの両方でテストされ、H₂Noの称号を獲得するために合格しなければならない何年にもわたる広範囲なテストのプロセスです。それらのテストは長年にわたって防水性機能と透湿性を保証する製品のみが合格できるように意図的に厳しく設定されています。

パタゴニアが行うラボにおけるテストは自然を完璧に模倣することはできませんが、H₂No素材を開発し、それが4つの主要なパフォーマンス特性、すなわち防水性、透湿性、撥水性、長期的耐久性を満たすことを保証するために非常に有益です。

さらに、各スポーツの専門家として選ばれたテスターたちと密接に協力し、素材の限界に挑戦したり、デザイナーの高尚なアイデアのあら探しをすることを喜んで行います。アルパイン登攀であってもスキーの長い1日あるいは最も激しい雷雨の中でも、彼らは素材とデザインおよび構造が幅広い活動の中で最高のものであることを確認する手助けをします。以下はH₂Noのプロセスの詳細です。

第1段階:ラボにおける素材テスト

防水性
完璧な防水性を測定するため、豪雨の中で30年間の使用を想定したウェット屈曲/摩耗テスト「キラーウォッシュ」で素材をテストします。素材が漏れはじめるまでにどれだけの圧力を要するかを測定するために、私たちはmm単位の円筒形の水圧をかけます。最初のキラーウォッシュは20,000mmの水で行われ、その後さらに10,000mmの耐水圧が維持されていることを確認します。これは広範にわたる使用の後も業界の防水性標準を満たす素材のみが採用されることを意味します。

透湿性
透湿性とは、素材が外側からの水分を弾くことと、熱や汗、湿気を内側から逃がすことを同時に実現することを意味します。私たちはこれを素材の水蒸気透過率(MVTR)と水蒸気透過抵抗(RET)を計測することによってテストします。これらのテストは、フライフィッシングからアルパインクライミングまで、異なる条件下で防水性素材がどれだけ効果的に湿気と空気が通過するかを測るテストです。その後、キラーウォッシュを経た素材の透湿性を再テストし、長期間の使用をシミュレーションした後も、素材がすべての機能性を保持することを確認します。

撥水性
水が防水性メンブレンを透過しないとしても、表生地の飽和は透湿性と快適さの低下につながります。それが表面の撥水性、すなわち水が水滴化し、水分が内側のコーティングとラミネーションに到達する前に表生地からすべり落ちることがとても重要です。これをテストするため、小雨と豪雨をシミュレーションする異なる圧力レベルの水を素材に噴射し、1から5段階で水滴化の結果を測定します。その後、長期間の使用の後も撥水性を維持し、水が水滴化することを確実にするため、キラーウォッシュを経た素材を再テストします。(シェルを大切にすればシェルもあなたを大切に守ります。撥水性は通常の洗濯とケアによって再生させることができます。詳細はこちらをご覧ください。)

長期的な耐久性
キラーウォッシュの前後にテストを行うことによって、私たちは長期間の使用の後も素材が防水性のみならず物理的な構造面でいかに機能するかを把握することができます。剥離やメンブレンの劣化がないか調べ、防水性の持続以外にも抗張力、引き裂き抵抗力、摩耗抵抗力など繊維の物理的な耐久性も広範囲にテストすることによって、製品がいかなる天気や地形にも耐えうることを確認しています。

第2段階:素材のフィールドテスト

素材がいくつものテストに合格すると、フィールドテスターが実際の使用における快適性を確認します。候補素材を、たとえばトリオレット・ジャケットなどの既存の製品に縫い合わせ、テスターが機能性を直接比較できるようにひとつのジャケットに2つの異なる素材を取り入れることもあります。パタゴニアが素材の採用を検討するにあたり、製品化が検討される前にフィールドで最低2か月間は継続して使用されます。

第3段階:デザインのラボテスト

各素材が一旦ラボおよびフィールドテストに合格し、新たな製品へと採用されると、私したちは素材とデザインがパタゴニアの(とても高い)水準を満たすことを確認するために更なるテストを行います。私たちが分析するのは以下の項目です:

耐久性と構造:縫い目、テープ、飾り付けも素材同様に優れた耐久性が必要です。最終製品はキラーウォッシュ後に縫い目から漏れがないかなどの追加のラボテストに合格しなければなりません。

デザインの実行と機能:ジッパーガレージが水浸しになるような問題が起こらないよう、パタゴニアの製品はすべてデザイン、品質、リペアのチームによる慎重な見直しを行います。またチームはギアを長く使ってもらい、埋立地行きにならないように、主要な部品が簡単に修理できることを検証します。

試作品のテスト:各々の試作品は、パタゴニアのアンバサダーやその他のテスターによりテストされます。ひとつのバージョンからはじめ、彼らからのフィードバックを確認し、変更を加え、最も効果的かつ信頼できる防水性製品ができるまで、この一連のプロセスを繰り返します。

第4段階:最終デザインのフィールドテスト

試作品プロセスが完了すると、最終製品がお客様に使ってもらえるものであることを保証するため、私たちは数ダースの最終デザインのサンプルを世界中のアンバサダーに送り、数か月のフィールドテストを実施します。

次なる展開

私たちはパタゴニアの防水性素材が厳格なテスト(と再テスト)に加えて、さらに防水性製品の環境への影響を削減することにも積極的に取り組んでいます。それは石油由来の原料、あるいは環境内で分解せずに留まる耐水性撥水加工(DWR)に使用される撥水性化合物、パーフルオル化合物(PFCs)に依存せずに最高レベルの機能性を持つ製品を作ることを意味します。2022年の秋までにインサレーション製品、中間着、一部のアウターウェアを含むパタゴニアの防水性/耐水性製品のうち、およそ90%がフッ化炭素不含有となります。それらすべては過酷なH₂Noテストに合格したものです。

H₂Noパフォーマンス・スタンダード
よく使われる検索語