ネットプラス・リサイクル・ナイロン

ネットプラスは南米の漁業コミュニティから回収された使用済みの漁網を100%リサイクルしています。

なぜ

世界の海はプラスチックで窒息しています。全世界で毎年880万トンのプラスチック廃棄物が海に流出し、その大部分が使い捨てのプラスチックです。廃棄された漁網はプラスチック汚染の最も有害なそれで、科学者は65万以上の海洋生物が漁網に捕らえられて生命を奪われる、あるいは重大な怪我をしていると推定しています。

ほとんどの使い古された漁網は他に選択肢がないため、そのまま海に廃棄されます。ブレオ社のネットプラスは南米の漁業コミュニティから回収された利用不能となった網を原料としています。網はチリで仕分け、清浄、カットされ、ネットプラスと呼ばれる100%リサイクル済みのナイロン・ペレットになります。これらのペレットは成形されたプラスチック製品、部品、繊維へと変身します。企業はネットプラスを持続可能なバージン・プラスチックの代替え品として購入します。

ブレオ社は漁業関係者と協働し、毎年何百トンものの不要となった網が海に流出することを防いでいます。このプロジェクトを通してブレオ社は放棄された漁網が海に捨てられることを防ぎ、地元の漁業従事者に補足的収入を提供します。

プラスチックのない海のために

廃棄された漁網を原料として使用することは、リサイクル業者のための市場を作り、プラスチックが世界の海に捨てられることを防ぎます。
35トン

使用済みの漁網を帽子のつばに再利用することにより、今年だけで35トン近くもの有害な廃棄物が海に流出することを防いでいます。

現在の取り組み

過去5年にわたり、パタゴニアのベンチャー基金であるティンシェッド・ベンチャーズを通してブレオ社によるネットプラスの開発を支援してきました。今日、ネットプラスはパタゴニアの帽子のつばからトレック社の自転車部品やヒューマンスケール社の事務椅子、さらにはジェンガの持続可能ゲームにまで採用されています。

使用済みの漁網を帽子のつばに再利用することにより、今年だけで35トン近くもの有害な廃棄物が海に流出することを防いでいます。

次なる展開

私たちはより多くのパタゴニア製品にネットプラスのリサイクル・ナイロンを採用します。


https://www.eunomia.co.uk/reports-tools/plastics-in-the-marine-environment/
https://www.nrdc.org/sites/default/files/mammals-foreign-fisheries-report.pdf

ネットプラス・リサイクル・ナイロン
よく使われる検索語