非フッ素化DWR

パタゴニアは撥水加工を環境に影響の少ないフッ化炭素不含有DWRへと移行すべく熱心に取り組んでいます。

なぜ

パタゴニアの耐水性撥水(DWR)加工は表面についた水分を水滴にし、飽和状態を防いで使用者が寒く湿った/濡れた状態にならないようにするための防水性/耐水性製品のための撥水加工です。非フッ素化DWRはフッ素原子に依存しない特定の化学化合物です。フッ素化薬品は有害な副生成物を水域に放出することが分かっています。

現在の取り組み

私たちは一刻も早くフッ化炭素不含有に移行するために励んでいます。これらの影響の低い化学はフッ素化学と機能の仕方が異なるため、成功させるためには特別かつ思慮深い適用が必要であり、私たちはその達成を目指しサプライチェーンのパートナーと密に取り組んでいます。

次なる展開

DWR加工を施した製品のうち(パタゴニアの防水性/耐水性製品の90%)2022年秋までにインサレーションや中間着、一部のアウターウェアを含むDWR加工の重要度が比較的低い製品をフッ化炭素不含有に移行します。一日中着用するレインウェアなどのDWRの適用が重要な製品については、これらの製品の機能性を満たすDWRの代替策はまだ見つかっていません。残り10%の製品への解決策を発見すべく、第一線の化学者がパタゴニアを支援しています。

業界はこれらの有害なフッ素化学から移行するために励んでいますが、ブランドによってその前進には差があります。フッ素化の廃絶についての業界全体の目標はなく、残念ながら解決策へ向けて大きく前進するための切迫感は見られません。しかし、私たちはサプライチェーンと一緒に取り組み、他の衣類製造業社がパタゴニアの解決策を採用してより広範囲で移行が実現できること目指しています。

ブランドの多くが100%フッ化炭素不含有製品への移行を急いでいますが、機能性と耐久性に関する問題に直面しています。つまり初期の解決策を採用することには問題があり、それは長期的にはより多くの製品生産(そして購買)へとつながるのです。

非フッ素化DWR
よく使われる検索語