コンテンツに移動

PFC/PFAS不使用で製造

私たちは2025年までにすべてのDWR(耐久性撥水)メンブレンおよび加工を有機フッ素化合物不使用の代替品に切り替えます

なぜ

撥水性は快適な着心地を保つだけではなく、生命の維持に役立つこともあります。しかし過去何十年にもわたり衣料品に使用されてきた撥水性コーティングは、パールフルオロ又はポリフルオロという有機フッ素化合物に依存してきました。PFC、PFOA、PFASなどの頭字語で最もよく知られているこの種の「永遠の化学物質」は、空気や水や食物、さらには私たちの体内に蓄積し、深刻な健康問題を提起すると、米国環境保護庁(EPA)により報告されています。

その違いとは

PFC、PFAS、PFOS、PFOAは、いずれも微妙に異なりますが、同じ意味を伝えています。分子構造はわずかに異なりますが、非常によく似た機能を提供する有機フッ素化合物のことです。通常、衣料品業界では、これらの頭字語はどれも大差なく同じように扱われています。パタゴニアでは、撥水加工やメンブレンがPFC不使用である場合、それがPFASもPFOSもPFOAも不使用であることを意味します。
現在の取り組み

10年以上の努力の末、私たちは製品ライン全体でPFASとPFCsの使用を大幅に減らしてきましたが、そこには苦闘の連続がありました。2013年から2016年の間には、長鎖(またはC8)のフルオロカーボンをベースとするDWR(耐久性撥水)加工の使用を段階的に廃止することができました。それは、環境と人間の健康に対してC8が悪影響を及ぼす研究に基づいています。その代わりに、私たちは、C8よりも短鎖のフルオロカーボンであるC6を使用するようになりました。当時は、それがより害の少ない化学物質だと考えられていましたが、移行後にC6もほぼ同様に環境と人間に有害であるという新たな研究が発表され、その時、私たちはいかなるPFASとPFCsも使用しない撥水加工とメンブレンに取り組みはじめることを決意したのです。

2019年の秋に、私たちはパタゴニア初のPFC不使用のDWR加工を採用した製品をリリースしました。そして2021年には、メンズ&ウィメンズ・デュアル・アスペクト・ジャケット&ビブを発表し、そのDWR加工と撥水性メンブレンの両方からPFCを取り除くことができました。

2024年春には、撥水加工を施した素材の総体積の約96%がPFAS不使用となりました。

(防水性および撥水性を備えたギアは、その状態を持続させるために適切なお手入れをする必要があります。きれいに保たれたシェルは、幸せなシェルであることをお忘れなく。お手入れのコツは、『製品のお手入れ方法』をご覧ください。)

次なる展開

多大な時間と資源を投資した結果、私たちは2025年までにすべてのメンブレンと撥水加工をPFCまたはPFAS不使用で製造する過程にあります。

アメリカ合衆国の3つの州(カリフォルニア、ニューヨーク、コロラド)ではまもなく、ごく限られた例外を除き、PFASを衣料品から排除することを義務づける規制が有効となります。

私たちは共有するサプライチェーンの中で取り組みをつづけ、私たちが吟味して取り入れた解決策を利用するよう他の衣料品ブランドに働きかけていきます。この協働は、業界全体が大きく変化し、より多くの製品がPFC不使用で成功するという可能性を秘めています。

PFC/PFAS不使用で製造
よく使われる検索語