リサイクル・ウール

私たちはすでに製造された貴重な繊維の寿命を延長するためにリサイクル・ウールを使用します。

なぜ

ウールは保温性、通気性、耐久性に優れた天然繊維です。しかしウールの生産には多くの資源を消費します。羊が草を食む広大な土地、繊維の洗浄のための水、加工のための化学薬品と最終製品に染める染料を必要とします。私たちはすでに生産された繊維の寿命を延長するためにリサイクル・ウールを使用します。これは環境コストをほんの一部に抑えながら、バージン・ウールと同様の素晴らしい品質を持つ衣類を製造することを可能にします。

私たちの現状

ウールの生産はエネルギー多消費型です。リサイクル・ウールを製造することにより、わずかな環境コストで衣類を製造することができます。
81%

バージン・ウールの代わりにリサイクル・ウールを使用した場合のカーボン・フットプリント排出削減の割合

現在の取り組み

リサイクル・ウールはヨーロッパでは何百年ものあいだ衣類に使われてきました。私たちは工場から出る端切れなどのプレコンシューマーと回収された衣類などのポストコンシューマーからリサイクル・ウールを調達します。一旦収集したウールは色別に分けられ、繊維を機械的に細断され、新しい糸に再び紡がれます。パタゴニアのリサイクル・ウールのほとんどは繊維の長さを引き延ばすためにリサイクル・ポリエステルと混紡されます。パタゴニアでは長年にわたりリサイクル・ウールの使用を増やしてきましたが、糸のサイズと混紡に限界があり、幅広い製品への採用が制限されてきました。

2020年春夏シーズンでは、パタゴニアのウールの生地の19%はリサイクル・ウールで製造されています。今シーズンは、リサイクル・ウール繊維を使用することにより、バージン・ウール繊維と比較してカーボン・フットプリントの排出量が81%減少しました。

次なる展開

ウールはパタゴニアのフリース製品ラインにとって不可欠で、その他の製品にも広範に使用する方法を開発しています。私たちの目標はリサイクル・ウールの使用を多岐にわたる製品に拡張することです。

リサイクル・ウール
よく使われる検索語