リフィブラ

リフィブラは木材パルプとアップサイクルされたコットンの端切れを原料とし、クローズド・ループ生産システムにて製造されています。

なぜ

リフィブラ・リヨセル繊維は木材とリサイクルコットンを含む革新の結果です。リフィブラ・リヨセルに使用される木質バルブは、持続可能に管理された森林から供給される再生可能原料です。新しい森林から木材を抽出する必要性を減らすことによって、この調達方法は製造業の影響も削減します。

レフィブラのリヨセルはテンセルと同じクローズド・ループ生産サイクルを使用しています。木材やコットンのスクラップを処理するために使用される溶媒の99%以上が回収され、再利用されます。このプロセスはまた繊維の生産で使用される水をリサイクルします。

現在の取り組み

多くの製品にリフィブラ繊維を使用することを検討しています。パタゴニアのリヨセル繊維はオーストリアを拠点とするレンチング社との協力の結果です。

次なる展開

パタゴニアは、繊維や農業の廃棄物を含む廃棄物から産まれたセルロース繊維を供給することができる多くの機会を探しています。

リフィブラ
よく使われる検索語