burgerburgerchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightellipsesellipsespro logopro logopro logopro logologologonavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgernavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xLoading ...Patagonia Loading Iconplayplaysearchsearchshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledxx

地球が私たちの
唯一の株主

事業の繁栄を大きく抑えてでも地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが私たちにできることです。

イヴォン・シュイナード

私はビジネスマンになりたいと思ったことはありません。クライミング用具を友人や自分用に作る職人から始めて、後にアパレルの世界に入りました。世界中で温暖化や環境破壊が広がり、自分たちのビジネスが及ぼす影響を目の当たりにするようになったことで、パタゴニアは自分たちの会社を活用して、これまでのビジネスのやり方を変えることに取り組んできました。正しい行いをしながら生活に十分な資金が稼げるならば、顧客や他のビジネスにも影響を与えられるし、そうしている間にこの仕組みも変えられるだろう、と。

まずは製品に環境負荷が少ない素材を使用することから始めました。毎年売上の1%を寄付しました。Bコーポレーション認証を受け、カリフォルニア州のベネフィット・コーポレーションとなり、私たちの価値観を保持するために会社定款にこれを記載しました。最近では2018年に、パタゴニアの目的を「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」に変更しました。

環境危機への取り組みにベストを尽くしてきましたが十分ではありません。私たちはパタゴニアの価値観を維持しつつ、この危機と闘うためにより多くの資金を投入する方法を見つける必要がありました。

“本当のところ、優れた選択肢はなかったのです。だから自分たちで作りました。”

選択肢の一つはパタゴニアを売却してその売却益をすべて寄付すること。しかし、私たちの価値観や世界中で雇用されている人材を維持してくれる新たなオーナー(所有者)を見つけられるという確信はありませんでした。

もう一つの選択肢は、会社の株式を公開することでした。とんでもない失敗になったでしょう。どんなに素晴らしい志のある公開会社でも、短期的な利益を得るために長期的な活力や責任を犠牲にしなければならないという過剰なプレッシャーに晒されます。

本当のところ、優れた選択肢はなかったのです。だから自分たちで作りました。

私たちは「株式公開に進む(Going public)」のではなく、「目的に進む(Going purpose)」のです。自然から価値あるものを収奪して投資家の富に変えるのではなく、パタゴニアが生み出す富をすべての富の源を守るために使用します。

その仕組みは、会社の議決権付株式の100%を会社の価値観を守るために設定されたPatagonia Purpose Trustに譲渡し、無議決権株式の100%を環境危機と闘い自然を守る非営利団体Holdfast Collectiveに譲渡する、というものです。また、毎年、事業に再投資を行った後の剰余利益を配当金として分配することで、パタゴニアから環境危機と闘うための資金を提供します。

私たちが責任ある事業という試みを始めてから約50年になり、それはまだ始まったばかりです。事業の繁栄を大きく抑えてでも今後50年間の地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが、私たちが見つけたもう一つの方法です。

地球のリソースは、莫大ではありますが無限ではありません。そして、私たちがその限界を超えてしまっていることは明らかです。しかし、まだ回復可能です。私たちが最大限努力すれば地球を救うことができるのです。

Q & A

パタゴニアの新たな所有者はHoldfast Collective とPatagonia Purpose Trust です。Holdfast Collectiveは会社の98%とすべての無議決権株式を保有しています。Patagonia Purpose Trustは会社の2%とすべての議決権付株式を保有しています。無議決権株式には経済的価値がありますが、意思決定権はありません。議決権付株式には経済的価値と意思決定権の両方が含まれます。

Holdfast Collectiveは受け取ったすべての資金を利用して、環境危機との闘い、自然や生物多様性の保護、活発なコミュニティのサポートを可能な限り素早く行っていきます。Holdfast Collectiveは非営利の501(c)4団体として、助成金の提供や地球環境へ投資だけでなく、理念・信念のある活動や政治的な候補者を後援することができます。

Holdfast Collectiveへの資金提供はパタゴニアから行われます。パタゴニアは、毎年事業に再投資(パンデミックなどの不測の事態に備えて内部留保する資金を含む)した後の余剰利益を配当金としてHoldfast Collectiveへ分配し、その活動に用います。

Patagonia Purpose Trustは、パタゴニアのバリューとミッションを守ることだけを目的として設立されました。会社のすべての議決権付株式を保有することで、取締役会構成員の選任や会社定款(ミッションやBコーポレーション宣言を含む)の変更など、会社の重要な決定を承認する権限を有します。

言い換えると、パタゴニアのミッションは「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」ことであり、Patagonia Purpose Trustは、このミッションに対する会社のコミットメントを永遠に確保するものです。

いいえ。パタゴニアは、今後も営利企業であり、Bコーポレーションおよびカリフォルニア州のベネフィット・コーポレーションとして認証を受け、最高品質の製品を作り、会社の財務健全性を維持する義務を果たす一方で、私たちのビジネスが従業員、顧客、コミュニティに、そして自然界の健全性や活力に与える影響を常に考慮し続けています。

世界における私たちの影響力は、営利企業としての活動が源泉になっています。私たちは目的と利益が切り離せないことを証明することで、ビジネスコミュニティ全体の導き手となるべく事業を続けていきます。

取締役会の監督の下で、CEOであるライアン・ゲラートとリーダーシップチーム、そしてパタゴニアの全従業員は、事業運営を続けていきます。これまでとの変更点としては、Patagonia Purpose Trustによるスチュワードシップが加わることです。

はい。パタゴニアは非営利の草の根の環境活動団体に対して、毎年売上の1%の寄付を継続していきます。このコミットメントは私たちの会社定款の一部であるため、Patagonia Purpose Trustの承認なく変更はできません。

今後ファミリーは、Patagonia Purpose Trustに対して指針を示し、そのリーダーシップチームの選出と監督を行います。ファミリーのメンバーは、引続き、クリス・トンプキンス、ダン・エメット、アヤナ・エリザベス・ジョンソン、チャールズ・コン(取締役会議長)、ライアン・ゲラート(CEO)とともにパタゴニアの取締役を務めます。クレアとフレッチャーはパタゴニアで勤務します。またファミリーは、Holdfast Collectiveが実施する慈善活動も指揮します。

従業員の皆さんはパタゴニアの成功の核心であり、この斬新な会社所有形態はそもそもが私たち全員をこの会社に惹きつけている目的とバリューを守るための後戻りのできない取り組みです。この新しい構想は、私たちが生み出すバリューやインパクトをミッションの実現に直接かつ完全に結びつけるものです。私たちはパタゴニアをパタゴニアたらしめる素晴らしいことすべてを継続し、会社は素晴らしい雇用主となるよう最善を尽くしていきます。

いいえ。これはパタゴニアが今後も直面するであろう、企業の成長と事業による環境への影響との間の葛藤を無視する言い訳ではありません。しかし、この斬新な所有形態により、責任ある成長に伴う利益を気候変動と闘う活動に投入する手段が得られます。

パタゴニアは、50年間にわたる実験を経て、次の50年間、さらにその先も、私たちの価値観に沿って収益性の高い事業を継続することを計画しています。
よく使われる検索語