コンテンツに移動

地球が私たちの唯一の株主

事業の繁栄を大きく抑えてでも地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが私たちにできることです。

イヴォンの手紙を読む

オンラインショップの送料改定について

2024年7月4日から、オンラインショップにおけるすべての注文および返品に対して一律330円の送料をお客様にご負担いただきます。

詳しく見る

すべてのストーリー

Garrett Grove
尊々加那志〜とうとがなし
尊々加那志〜とうとがなし
尊々加那志〜とうとがなし

故郷の海を守りたいサーファーの碇山勇生にとっては、まず地元の人びとと団結することだった。

トレーラーを見る
鏡のような壁
鏡のような壁
鏡のような壁
ショーン・ヴィラヌエバ・オドリスコール

グリーンランドでの挑戦に終わりを告げる。

読み終えるまで8分
海が導いてくれる
海が導いてくれる
海が導いてくれる
村岡 俊也

奄美大島で生まれ育った碇山勇生は、コミュニティからドロップアウトするようにサーフィンを始めた。島を出てからの荒んだ生活を救ってくれたのもまた海だった。プロサーファーとなった勇生は、旅の生活をやめ、今では島を守る活動をしている。

読み終えるまで10分
イワナと谷底徘徊者
イワナと谷底徘徊者
イワナと谷底徘徊者
玉井 秀樹

飛騨山脈の深山幽谷に取り憑かれ、谷底を徘徊し遊歩する。

読み終えるまで6分
Running Up For Air
Running Up For Air
Running Up For Air

大気の悪化に直面し、ランナーのコミュニティが立ち上がる。

見る
17:20
「イワナ」と「わたし」の現在地
「イワナ」と「わたし」の現在地
「イワナ」と「わたし」の現在地

山深い源流域で暮らし、謎に包まれた生態から神秘の魚といわれるイワナ。今回のゲストは、イワナを取り巻く生態系の危機に焦点を当て、人間と自然の新たな関係を問いかけた映画『ミルクの中のイワナ』の監督・坂本麻人さんと、同映画のフィルムブックを手がけた編集者・ライターの若林輝さん。映画を制作したきっかけやイワナの未知なる生態、養殖魚の放流や砂防ダムの問題など、イワナと人間の現在地と目指していきたい未来の姿について語り合います。

聴く
38 分
倉上 慶大を悼んで
倉上 慶大を悼んで
倉上 慶大を悼んで
パタゴニア

  

読み終えるまで2分
気候危機への希望
気候危機への希望
気候危機への希望
ブラッド・ウィナーズ

ホーム・プラネット・ファンドは、気候変動を食い止めるために自然とともに活動する先住民族のコミュニティや地域をサポートする独立非営利団体だ。

読み終えるまで7分
Undammed | ダムがなくなる日まで
Undammed | ダムがなくなる日まで
Undammed | ダムがなくなる日まで

エイミー・バワーズ・コーダリスとクラマス川を解放する闘い

見る
17:19
グリーン違い
グリーン違い
グリーン違い
スティーブン・ホーリー

すべてのダムは汚い。それを改善しようとしても、事態を悪化させるだけ。

読み終えるまで10分
古着に命を吹き込む
古着に命を吹き込む
古着に命を吹き込む
寺倉 力

「ReCrafted」と書いて「リクラフテッド」と読む。この聞き慣れない言葉は、着古したウェアに手を入れて、未来へつなぐ仕事。

読み終えるまで11分
思いついたら、やればいい
思いついたら、やればいい
思いついたら、やればいい
村岡 俊也

SUPレースで世界を転戦していた佐藤優夏は、練習のために訪れた奄美大島で競技者であることをやめ、動物たちとともに暮らし始めた。自分の心に従うシンプルな生き方、その自由について。

読み終えるまで9分
新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
アリエラ・カーペンター

Running Up For Airはレースではない。それはコミュニティであり、仲間の集いであり、新鮮な空気を取り戻すための募金活動でもある。

読み終えるまで9分
愛すべきダート
愛すべきダート
愛すべきダート
サキアス・バンクソン

ワシントン州東部スポーカンにあるビーコン・ヒルは、シンプルでスタイリッシュなバイク・ジャズ・スポット。

読み終えるまで4分
KIN
KIN
KIN

「あらゆる生命、ひとつひとつの呼吸、口に含んだ水も、すべては先人たちから受け継いだもの」ー多くのオーストラリアの家族と同様、海はローレン・L・ヒルとデイヴ・ラストヴィッチの家族がサーフィンや遊びを通じてつながる場所です。

見る
8:12
となりの掘削を永遠に終わらせよう
となりの掘削を永遠に終わらせよう
となりの掘削を永遠に終わらせよう
ジーナ・ロドリゲス

基本的人権を求め、ビッグ・オイルは次の闘いへ。

読み終えるまで6分
この手にできること
この手にできること
この手にできること

クライミングを通して私たちが望む世界を実現する方法とは?

見る
37:37
ザ・シットスロポシーン
ザ・シットスロポシーン
ザ・シットスロポシーン

安物のガラクタの時代へようこそ。

見る
46:14
ペルーの100の波を救う冒険
ペルーの100の波を救う冒険
ペルーの100の波を救う冒険
ブルーノ・モンテフェリ

波と波の間で築かれた友情は、サーフブレイクを救うための強力な同盟になる。

読み終えるまで12分
地方議員という選択。暑すぎた夏。日本の気候変動対策のいま。
地方議員という選択。暑すぎた夏。日本の気候変動対策のいま。
地方議員という選択。暑すぎた夏。日本の気候変動対策のいま。
鈴木 かずえ

地球沸騰化の今時代、 わたしたち市民/住民ができること、また住民の代表として、わたしたちが住む自治体の議会に参加し、住民の意思を行政や財政に反映させることのできる地方議員の存在。

読み終えるまで7分
意思を繋ぐ
意思を繋ぐ
意思を繋ぐ

今回のゲストは、滋賀県と三重県でクライミングジムKO-WALLを経営し、フリークライミングインストラクター協会の代表を務める奥村晃史さん。パタゴニア・ロッククライミング・アンバサダー倉上慶大との対話を通して、これまでの半生やクライマーとしての責任、より良いクライミング文化を次世代に繋いでいくためのメンタリティや取り組みについて語っていただきました。

聴く
90 分
意思を繋ぐ: Road of the Mind
意思を繋ぐ: Road of the Mind
意思を繋ぐ: Road of the Mind
奥村 晃史

既存のクライマーがより良い価値観を求め続けることが、文化や自然環境を継承する土壌を作りあげ、次世代のクライマーを育てていく。

読み終えるまで8分
登山道整備の新しいかたち | 雲ノ平トレイルクラブ
登山道整備の新しいかたち | 雲ノ平トレイルクラブ
登山道整備の新しいかたち | 雲ノ平トレイルクラブ

今回のゲストは「雲ノ平トレイルクラブ」を中心になって立ち上げた、雲ノ平山荘オーナー伊藤二朗さんとトレイル研究家の勝俣隆さん。日本の国立公園の成り立ちや限界を迎えつつある登山道の維持管理の現状を紐解きつつ、雲ノ平トレイルクラブが提唱する生態系と景観を守る登山道整備の新しいかたちについて語っていただきました。

聴く
73 分
漁師をつなぐ廃漁網
漁師をつなぐ廃漁網
漁師をつなぐ廃漁網
関 幸太郎

能登半島地震で被災した漁師を支援するプロジェクト「NetPlus® NOTO」。不要になった漁網が、漁業再開のときまで漁師をつなぎ続ける。

読み終えるまで9分
人と自然の関係を再構築する:雲ノ平トレイルクラブ
人と自然の関係を再構築する:雲ノ平トレイルクラブ
人と自然の関係を再構築する:雲ノ平トレイルクラブ
千葉 弓子

自然から豊かさを享受する私たちはそれらをどう維持し、保全すればよいのか。生態系と景観を守る登山道整備のロールモデルを目指して。

読み終えるまで11分
何かのために走る
何かのために走る
何かのために走る
ミーガン・ブラウン

「フットプリント・ランニング・キャンプ」は、走るだけでなく、気候危機の解決策を見つけるイベントだ。

読み終えるまで9分
Range Rider
Range Rider
Range Rider

ワシントン州北東部で、オオカミと牧場主との共存が可能であることを、ひとりのレンジライダーが証明している。

見る
29:46
山を守る日本酒 | 仁井田本家
山を守る日本酒 | 仁井田本家
山を守る日本酒 | 仁井田本家

福島県郡⼭市で300年余り酒造を営む仁井田本家は、農薬・化学肥料不使用の米を原料に、天然水、蔵付きの酵母、そして⾃社の森の杉で作った仕込み桶で自然酒を醸している。今回は18代目蔵元・杜氏の仁井⽥穏彦さんと女将の仁井⽥真樹さんをゲストに迎え、酒づくりを通して山、水、田んぼを守ることを目指す酒蔵の想いや、今年パタゴニアから発売している「しぜんしゅ-やまもり」の味わいについて語っていただきました。

聴く
65 分
ガンバルゾム5峰初登頂:未知のものを明らかにする喜び
ガンバルゾム5峰初登頂:未知のものを明らかにする喜び
ガンバルゾム5峰初登頂:未知のものを明らかにする喜び
千葉 弓子

パキスタンのヒンドゥーラジ山脈、ガンバルゾム5峰を初登頂した鈴木雄大、成田啓、西田由宇。未踏の山で彼らが感じたものとは……。

読み終えるまで18分
一緒に釣りに行きたい人
一緒に釣りに行きたい人
一緒に釣りに行きたい人
山田 美緒

フライフィッシングが私たちの人生にもたらすもの。

読み終えるまで8分
より良いビジネスのあり方
より良いビジネスのあり方
より良いビジネスのあり方
パタゴニア

パタゴニアの企業理念ディレクターであり『レスポンシブル・カンパニーの未来:パタゴニアがこの50年で学んだこと』の共著者、ヴィンセント・スタンリーとの対話

読み終えるまで12分
TOM
TOM
TOM

魚の親友

見る
15:56
生きとし生けるもの
生きとし生けるもの
生きとし生けるもの

メアリー・オリバーの詩『Wild Geese-野生の雁』の朗読とともに、デイヴ・ラストヴィッチがノース・コーストのうねりをとらえる。

見る
7:47
まるで野生馬のように
まるで野生馬のように
まるで野生馬のように
小森 隆志

自らシェイプしたサーフボードを一本だけ携えて、宮崎に暮らすサーファー・小森隆志がバディと共にヨーロッパを旅する。

読み終えるまで13分
愛すべきライン
愛すべきライン
愛すべきライン
加藤 彩也香

競技から山滑りへと転身し、北アルプスの雪山を滑走する加藤彩也香が育む雪山への愛情とその道のり。

読み終えるまで7分
再定義しましょう「良いサーファー」を
再定義しましょう「良いサーファー」を
再定義しましょう「良いサーファー」を

「ズッチョ」ことパタゴニア・サーフィン・アンバサダーの河野正和は、JPSAグランドチャンピオンに3度輝いた日本を代表するサーファー。海の中でも外でも物腰柔らかい姿勢で多くのサーファーに影響を与えてきたズッチョが、「良いサーファー」とは一体どんな存在なのかという問いについて、選手時代のエピソードやサーファーとして大切にしてきたことなどを語ります。

聴く
54 分

パタゴニアは製品を保証しています。

製品保証を見る

私たちはみずからの影響に責任をもちます。

フットプリントを見る

私たちは草の根活動を支援します。

アクティビズムを見る

私たちはギアを生かしつづけます。

Worn Wearを見る

私たちは利益を地球に還元します。

イヴォンの手紙を見る
よく使われる検索語