コンテンツに移動

地球が私たちの唯一の株主

事業の繁栄を大きく抑えてでも地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが私たちにできることです。

イヴォンの手紙を読む

5,000円(税込)以上のご注文で送料無料

5,000円(税込)以上のご注文で送料無料:送料は、全国一律¥550(税込)です。5,000円(税込)以上ご注文の場合は、弊社が負担し、お客様には送料無料でお届けします。

詳しく見る

新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
新鮮な空気を吸うためにトレイルを拓く
アリエラ・カーペンター

Running Up For Airはレースではない。それはコミュニティであり、仲間の集いであり、新鮮な空気を取り戻すための募金活動でもある。

読み終えるまで9分
Running Up For Air
Running Up For Air
Running Up For Air

大気の悪化に直面し、ランナーのコミュニティが立ち上がる。

トレーラーを見る
17:20
愛すべきダート
愛すべきダート
愛すべきダート
サキアス・バンクソン

ワシントン州東部スポーカンにあるビーコン・ヒルは、シンプルでスタイリッシュなバイク・ジャズ・スポット。

読み終えるまで4分
となりの掘削を永遠に終わらせよう
となりの掘削を永遠に終わらせよう
となりの掘削を永遠に終わらせよう
ジーナ・ロドリゲス

基本的人権を求め、ビッグ・オイルは次の闘いへ。

読み終えるまで6分
この手にできること
この手にできること
この手にできること

クライミングを通して私たちが望む世界を実現する方法とは?

見る
37:37
漁師をつなぐ廃漁網
漁師をつなぐ廃漁網
漁師をつなぐ廃漁網
関 幸太郎

能登半島地震で被災した漁師を支援するプロジェクト「NetPlus® NOTO」。不要になった漁網が、漁業再開のときまで漁師をつなぎ続ける。

読み終えるまで9分
何かのために走る
何かのために走る
何かのために走る
ミーガン・ブラウン

「フットプリント・ランニング・キャンプ」は、走るだけでなく、気候危機の解決策を見つけるイベントだ。

読み終えるまで9分
より良いビジネスのあり方
より良いビジネスのあり方
より良いビジネスのあり方
パタゴニア

パタゴニアの企業理念ディレクターであり『レスポンシブル・カンパニーの未来:パタゴニアがこの50年で学んだこと』の共著者、ヴィンセント・スタンリーとの対話

読み終えるまで12分
長く残るもの
長く残るもの
長く残るもの
ケイティ・ラム

パタゴニア・クライミング・アンバサダー、ケイティ・ラムの裁縫は至ってマイペース。

読み終えるまで6分
150マイルの実験
150マイルの実験
150マイルの実験
エリック・ノール

パタゴニアの高度研究開発デザイナーが、新しいパックの試作品をテストするためにスウェーデンの山岳地帯へ向かった。トレイルで数日間過ごす旅を再考する大胆な試みでもある。

読み終えるまで12分
生き残りをかけた訴訟
生き残りをかけた訴訟
生き残りをかけた訴訟
ヤン・エバーハーター

スカジット・リバーのサーモンに法的権利はあるのか。

読み終えるまで9分
Home, Grown | 建築の未来はゴミにある
Home, Grown | 建築の未来はゴミにある
Home, Grown | 建築の未来はゴミにある

建築家でクライマーのディラン・ジョンソンは、イヴォン・シュイナードや働き者のクルーたちとともに、ストローベイルを使用して2棟の家を建てています。

見る
12:18
北極ばなな
北極ばなな
北極ばなな
遠藤 励

北極先住民の現在をドキュメンタリー作品として伝えるプロジェクト「POLAR EXPOSURE」。2017年から最も原始的な姿を追い求めてきた遠藤がその極北の地で見たもの。

読み終えるまで10分
野生の海、守られた土地
野生の海、守られた土地
野生の海、守られた土地
マヌエル・フェルナンデス・アロヨ

ミトレ半島は、献身的なコミュニティの活動により守られている。

読み終えるまで11分
なんにもムダにしない
なんにもムダにしない
なんにもムダにしない
デニス・チュジノヴィック

糞を嗅ぐ美徳。

読み終えるまで5分
ごまかしがないショット
ごまかしがないショット
ごまかしがないショット

写真家ゲイリー・レジェスターのレンズを通して見る70年代のパタゴニア。

読み終えるまで4分
リムゥへの帰還
リムゥへの帰還
リムゥへの帰還
アラン・サラザー

50年の歳月をかけた大航海。

読み終えるまで8分
ひとつになって
ひとつになって
ひとつになって
ライアン・スチュアート

ブリテッシュ・コロンビアにある小さな山間の町で、トレイルを使って過去の傷を癒し、2つのコミュニティの橋渡しをしようとしている1人の女性。

読み終えるまで17分
アセンド
アセンド
アセンド

故郷のアフガニスタンを追われた女性たちを支援し、新たな居場所を作り出すためにクライミングコミュニティが立ち上がった。

見る
19:54
森と文明
森と文明
森と文明
ジョン・パーリン

私たちはこのたび、人と木の歴史を 深く追究したジョン・パーリンの 『A Forest Journey』を再版します。 その本が最初に出版されるまでは、 叙事詩のような道のりでした。

読み終えるまで7分
「永遠の化学物質」に別れを告げる
「永遠の化学物質」に別れを告げる
「永遠の化学物質」に別れを告げる
アーチャナ・ラム

ついに実現したPFCフリーまでの道のり。そして、ここまで長い時間がかかったその理由。

読み終えるまで15分
ミニマル農家
ミニマル農家
ミニマル農家
曽田 夕紀子

自然界の摂理のなか、ミニマルな道具だけで野菜を育てたい。そう願った農家は、耕さないという道を選んだ。

読み終えるまで15分
白夜に波立つ大地
白夜に波立つ大地
白夜に波立つ大地
モーガン・ウィリアムソン

アラスカ州南東部ヤクタット・サーフクラブに芽生えた興奮の中へ。

読み終えるまで18分
海岸線を走る
海岸線を走る
海岸線を走る
キコ・スウィーニー

ランニングとの関係性を探求する家族の物語

読み終えるまで7分
石を積む人
石を積む人
石を積む人
村岡 俊也

開かれた技術として〈石積み学校〉を運営する真田純子さんは、自分達で石を積むことは、その土地を把握し、自らの手に取り戻すような行為だと言った。

読み終えるまで11分
緑の三本筋
緑の三本筋
緑の三本筋
アマンダ・モンテイ

マンザナー強制収容所で鉄条網を越えて釣りをする。

読み終えるまで12分
直して笑顔を広げる旅
直して笑顔を広げる旅
直して笑顔を広げる旅
寺倉 力

2022年秋、リペアトラック「つぎはぎ」は各地のサーフスポットを巡りながら修理を重ね、弾ける笑顔を生み出した。

読み終えるまで10分
マエストロ
マエストロ
マエストロ
ソフィア・アレドンド

メキシコのロッククライミングの父、ラウル・レビーリャ・キロスに捧ぐ。

読み終えるまで13分
自然を育む日本酒
自然を育む日本酒
自然を育む日本酒
小川 彩

里山、湧水、田んぼを守る酒づくりとは

読み終えるまで6分
海の自由を学ぶクラブ
海の自由を学ぶクラブ
海の自由を学ぶクラブ
村岡 俊也

夕方16時、逗子海岸に〈とびうおクラブ〉の子どもたちが集まってくる。走ったり、パドルしたり、ただ座ったり。代表の永井巧さんは、先回りせず、ずっと一緒に遊んでいた。

読み終えるまで10分
アライと部屋の中のゾウ
アライと部屋の中のゾウ
アライと部屋の中のゾウ
マデリーン・ソーキン & Lor Sabourin

ロー・サボウリンとマデリーン・ソーキンの会話

読み終えるまで18分
海に潜るシェフ
海に潜るシェフ
海に潜るシェフ
瀬戸内 千代

漁業者から教えられた海の異変を自分の目で確かめようと、素潜りを始めたシェフがいる。海に潜り、命を感じる。料理を通して自然と人間をつなぎ直すために。

読み終えるまで8分
水田のリジェネラティブ・オーガニックを探究する
水田のリジェネラティブ・オーガニックを探究する
水田のリジェネラティブ・オーガニックを探究する
パタゴニア

日本の多機能な生産基盤である水田の営みを全体論で捉えなおす。

読み終えるまで13分
修理することについてのストーリー:リペアセンター
修理することについてのストーリー:リペアセンター
修理することについてのストーリー:リペアセンター

リペアセンターで勤務する神澤良輔。一つとして同じものがない修理品にかける想いとは

見る
3:56
リペアという美徳
リペアという美徳
リペアという美徳
寺倉 力

パタゴニアのリペアサービスからウエアが手元に戻ってきた。だが、驚くことに、修理した痕跡が一切見当たらない。いったいどうやって? こうして僕は鎌倉リペアセンターを訪ねた。

読み終えるまで12分
織物に託す自由
織物に託す自由
織物に託す自由
アーチャナ・ラム

インド人の自立の象徴がなぜ再び重要なのか。

読み終えるまで9分

パタゴニアは製品を保証しています。

製品保証を見る

私たちはみずからの影響に責任をもちます。

フットプリントを見る

私たちは草の根活動を支援します。

アクティビズムを見る

私たちはギアを生かしつづけます。

Worn Wearを見る

私たちは利益を地球に還元します。

イヴォンの手紙を見る
よく使われる検索語