デザイン・ストーリー

Kyle Sparks
最もクリーンなラインを追い求めて
最もクリーンなラインを追い求めて
最もクリーンなラインを追い求めて
クリス・マロイ

第3および第4世代のサーファーである私たちは、固定観念を持たないことへの自信があります。そしてサーフィンにふける薄汚いダートバッグである私たちも、都会という環境に戻れば、社会に変化をもたらす活動家として手腕を発揮する、い…

4 分(読み終えるまで)
未完の仕事
未完の仕事
未完の仕事
レイチェル・G・クラーク

より責任あるジーンズを製造することにおいて、私たちの仕事に終わりはありません。そしてもちろん、本当に汚い仕事は皆様におまかせします。

10 分(読み終えるまで)
最高のジーンズ
最高のジーンズ
最高のジーンズ
サラ・マーク

本当に良いジーンズの秘訣とは? 漫画ジャーナリストのサラ・マークが、それを見分ける点とより長くはき込んで仕上げる方法を教えます。

2 分(読み終えるまで)
ダウン
ダウン
ダウン
モーリー・ベイカー

ダウンは羽ですが、帽子の飾りに使うような羽根のことではありません。私たちが着るジャケットに使われるダウンから、「羽」と聞いてまず思い浮かべる正羽まで、実際羽にはさまざまな種類があります。鳥の体を保護する正羽には羽軸があり…

4 分(読み終えるまで)
フリースの話
フリースの話
フリースの話
レイチェル・G・クラーク

いじくりまわすことの物語 カリフォルニア州ベンチュラにあるパタゴニア本社の近くには、パタゴニアの約50年にわたる歴史を集めた「ジ・アーカイブ」と呼ばれる建物があります。仕切りのないオフィスのフロアには色とりどりの古いウェ…

8 分(読み終えるまで)
限界ギリギリ
限界ギリギリ
限界ギリギリ

世界最高の仕事?

見る
6:18
ヘンプがすべてを調和する
ヘンプがすべてを調和する
ヘンプがすべてを調和する
ジェフ・マッケルロイ

今シーズンのパタゴニアの73製品がヘンプを使用しています。ヘンプの栽培は、土壌に必要不可欠な栄養素を補給し、表土の浸食を防ぎ、合成肥料を必要としません。 人類とヘンプの歴史は新石器時代にまで遡ります。何世紀にもわたって、…

3 分(読み終えるまで)
テスト環境の充実性
テスト環境の充実性
テスト環境の充実性
マルコム・ジョンソン

たった数分のところに波があるという環境以上に重要な要素はない ハブ・ハバードのデスクからウェットスーツの試験場までは、ほんの数分。左に曲がり、国道101号線に合流したらすぐ右に出て、車を脇に停める。そこから数秒でウェット…

4 分(読み終えるまで)
実験用ダミー
実験用ダミー
実験用ダミー
ケリー・コーデス

わざと低体温症になる人なんている? それは、この男。 僕の計画の魅力はシンプルさだった。濡れたジャケットを着てスキーで登高し、雪の中に座って、寒くなるまでの時間を計る。この実験が成功したとして、それからスキーで山を滑り降…

6 分(読み終えるまで)
もうひとつのストーリー
もうひとつのストーリー
もうひとつのストーリー
パタゴニア

自分のゴミを着ることができるとしたら? それが、リノのWorn Wearの施設に集められた中古ウェアのさまざまな端切れから作られた、新しい製品ライン「ReCrafted(リクラフテッド)」の元となった考えです。パタゴニア…

5 分(読み終えるまで)
トスカーナからの手紙(パタゴニアの着古したウールの調達先)
トスカーナからの手紙(パタゴニアの着古したウールの調達先)
トスカーナからの手紙(パタゴニアの着古したウールの調達先)
マダリナ・プレダ

すでに色別に仕分けされたウールの古着の圧縮俵のプラスチックのひも止めを、シルヴィア・ミケローニが切る。今日彼女が取り扱うのは緑色。最後のひもを切ると、さまざまな大きさと形の深緑色の布地が工場の床に散らばる。彼女の息子ガブ…

9 分(読み終えるまで)
100%になるまで
100%になるまで
100%になるまで
パタゴニア

言い訳:難しい、お金がかかる、生地を作る人がいない、機能性が劣る。 現実:これらはもはや事実ではない。 企業として、私たちは品質に対する揺るぎないこだわりを固守しつづけており、グレードVIIのようなビレイ用パーカから悪天…

5 分(読み終えるまで)
進化したキャプリーン・ミッドウェイト
進化したキャプリーン・ミッドウェイト
進化したキャプリーン・ミッドウェイト
村石 太郎

2019年の秋冬シーズンにベースレイヤーの定番である キャプリーン・ミッドウェイトが一新した。 中空糸とダイアモンド・グリッド構造の裏面を取り入れた 新しいキャプリーン・ミッドウェイト素材の特徴と機能性について、 3人の…

7 分(読み終えるまで)
仕事に励むデザイナーたち
仕事に励むデザイナーたち
仕事に励むデザイナーたち
マルコム・ジョンソン

最近、アメリカの公有地の未来が僕らの頭から離れない。ちょっとした朗報はあるものの、ワシントンD.C.からやってくる公有の土地や水域への脅威と破壊的な変化には、ほぼ終わりはない。これにより今年の秋シーズンの「ビジュアル・ア…

7 分(読み終えるまで)
広い海、広い心
広い海、広い心
広い海、広い心
ショーン・ドハーティ

フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD)では、どのような状態の海でも楽しめるよう、丈夫で高性能のギアを作ることに焦点を置いています。 フレッチャー・シュイナードにとっての1日は24時間では足りません。サーファー、…

7 分(読み終えるまで)
再び合法化されたヘンプ
再び合法化されたヘンプ
再び合法化されたヘンプ
ダイアン・フレンチ

今日、気づかないでいるのが難しいくらいに、ヘンプが大々的に宣伝されている。どのライフスタイル誌でも取り上げられ、薬局に行けば目に入り、健康食品ストアの店員やヨガクラスで隣り合わせた人との話題に上ったり、皆何らかのきっかけ…

5 分(読み終えるまで)
キャプリーン誕生の物語
キャプリーン誕生の物語
キャプリーン誕生の物語
村石 太郎

重ね着をすることで 刻一刻と変化する自然環境に対応するためのレイヤリング・システムをいち早く提唱したのが「パタゴニア」だ。1985年には、その土台となる「キャプリーン・ベースレイヤー」がラインナップに加わるが、現在まで広…

9 分(読み終えるまで)
R1でデキたこと:4人のストーリー
R1でデキたこと:4人のストーリー
R1でデキたこと:4人のストーリー
パタゴニア

私はいつも忙しい。何故なら、私ことR1フーディーのオーナーである彼女は、文字通り、仕事も日常もすべて、常に私を愛用しているからだ。 日本の山は3,000メートル前後と低いが、それ故にシーズンを問わず登られ、また海洋性の気…

8 分(読み終えるまで)
R1でデキたこと
R1でデキたこと
R1でデキたこと

R1フリースが経験していないことはありません。

見る
16:46
リサイクルに夢中
リサイクルに夢中
リサイクルに夢中
パタゴニア

マイクロ・パフの真価を語る
マイクロ・パフの真価を語る
マイクロ・パフの真価を語る
寺倉 力

編集者、あるいはライターとして日々痛感しているのは、フィールドで使うウエアの真価を伝えることの難しさだ。使う側のニーズが多様化するなかで、今のウエアは、どんなコンディションの、どのようなフィールドで、どう着用するかという…

9 分(読み終えるまで)
ウーリエステルの導入にまつわるストーリー
ウーリエステルの導入にまつわるストーリー
ウーリエステルの導入にまつわるストーリー
クリスティーナ・ジョンソン・エイブリー

いまから3年前、私たちは環境への影響が少ない天然繊維を用いた、新たなフリース素材の開発に乗り出しました。インスピレーションの源は、パタゴニアの初期に創業者イヴォン・シュイナードが着ていた古いメリノウールのセーターでした。…

6 分(読み終えるまで)
いつの日も、いつの時代も、バギーズ・ショーツ
いつの日も、いつの時代も、バギーズ・ショーツ
いつの日も、いつの時代も、バギーズ・ショーツ
パタゴニア

パタゴニアが発行したそれまでのカタログのなかから最も感動的な写真100点以上を収録した写真集『Unexpected: 30 Years of Patagonia Catalog Photography』のインタビューで、…

8 分(読み終えるまで)
ゲームよりも重要なこと
ゲームよりも重要なこと
ゲームよりも重要なこと
ケリー・コーデス

僕がクライミングのことを考えるとき、思い浮かぶのは頂上のことではない。思い描くのは、のこぎりの歯のように大地と空のあいだを上下する岩稜、岩塔の間から射し込んでくる太陽の光、はるか下の荒れた氷河に、巨人のような山の影が落ち…

3 分(読み終えるまで)
軽量という恩恵がもたらす快適な釣り旅:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(北海道釣行編)
軽量という恩恵がもたらす快適な釣り旅:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(北海道釣行編)
軽量という恩恵がもたらす快適な釣り旅:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(北海道釣行編)
中根 淳一

重い……遠目には分からないが、川を渡ると流れの重さによろけてしまうほど。その水圧でウェーダーは脚に張り付くが、現在のウェーダーは細身に作られているので、ひと昔前ほどの抵抗はない。それでも不意に足を上げると転倒しかねない。…

7 分(読み終えるまで)
「環境印刷で刷ろうぜ」
「環境印刷で刷ろうぜ」
「環境印刷で刷ろうぜ」
梶原 緑

パタゴニアのカタログは製品を紹介するだけでなく、私たちが奨励する人生哲学を訴えること、イメージを支えている哲学を訴えることを目的としています。またストーリーを語るパタゴニアのその他の媒体は、ウェブサイトから品質表示タグ、…

9 分(読み終えるまで)
夏のイワナ釣りを楽しむための選択:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(東北釣行編)
夏のイワナ釣りを楽しむための選択:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(東北釣行編)
夏のイワナ釣りを楽しむための選択:ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーと過ごした時間(東北釣行編)
中根 淳一

かれこれ1時間以上歩きつづけているが、釣り場はまだ先なのだろうか。福島県の山間部とはいえ、梅雨明け間近の河畔は不快なほど多湿。体温で偏光グラスはくもり、吹き出す汗が止まらない。さらに整備されていないそま道は、マダニの巣窟…

7 分(読み終えるまで)
すべては何でもないこと:マイクロ・パフを鍛造する
すべては何でもないこと:マイクロ・パフを鍛造する
すべては何でもないこと:マイクロ・パフを鍛造する
パタゴニア

パタゴニアで働く私たちの場合、最高のアイデアはたいてい野外でひらめきます。でもときに単純な問題が複雑な解決策を生み出すきっかけとなる場合があります。インサレーションの開発はまさにその実例です。ダウンは濡れると熱を封じ込め…

6 分(読み終えるまで)
ナノエアにまつわる話
ナノエアにまつわる話
ナノエアにまつわる話
新谷 暁生

この原稿を新年早々クリーネストラインに出して良いものだろうか。謹賀新年。 私は長く知床でシーカヤックガイドをしている。最近は太平洋高気圧が弱く、低気圧が次々と知床半島近くを通る。気圧配置はまるで冬のようだ。そのせいかオホ…

10 分(読み終えるまで)
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
マルコム・ジョンソン

「私たちにとっては、潮が社長です」とワシントン州のピュージェット湾にある家族経営5代目の貝養殖場、ハマハマ・オイスターのアダム・ジェームスは語る。 「8月の終わりと9月、午前3時か4時に、ビーチで収穫します。太陽が昇ると…

3 分(読み終えるまで)
シャツから土へ:パタゴニアのデザイン理念に関する考え
シャツから土へ:パタゴニアのデザイン理念に関する考え
シャツから土へ:パタゴニアのデザイン理念に関する考え
パタゴニア

パタゴニアのシニア・クリエイティブ・ディレクターであるマイルズ・ジョンソンは、テクニカルウェアとライフスタイルの両部門における全デザイナーと、製品開発、テキスタイル、グラフィック、カラーの各チームの業務を監督しています。…

9 分(読み終えるまで)
あの化繊インサレーションが復活。「マイクロ・パフが帰ってきた!」
あの化繊インサレーションが復活。「マイクロ・パフが帰ってきた!」
あの化繊インサレーションが復活。「マイクロ・パフが帰ってきた!」
森山 憲一

パタゴニアの化繊インサレーションの定番として知られた「マイクロ・パフ」。ところが、後発の「ナノ・パフ」や「ナノエア」が登場し、すっかり影が薄くなっていた。実際、すでにカタログラインナップからは消えている。 そのマイクロ・…

3 分(読み終えるまで)
スラブハンター、ベン・ウィルキンソンの木工品
スラブハンター、ベン・ウィルキンソンの木工品
スラブハンター、ベン・ウィルキンソンの木工品
マルコム・ジョンソン

自営業にはある種の自由があること、そして波が巨大になってきたときはいつでもサーフィンに行きたければ、自由が第一条件であることをベン・ウィルキンソンが知るのに長くはかからなかった。 「僕は16のときに家を出た」と彼は振り返…

4 分(読み終えるまで)
天然染料の試み
天然染料の試み
天然染料の試み
ジョヤナ・ラフリン

45年前、昔ながらの北米のアウトドアウェアいえば、基本的な色はカーキ、デニムブルー、オリーブグリーンでした。それらの色は単調というだけではなく、その染料は石油をベースにしていました。クラフト・ピンクという色を思い浮かべた…

9 分(読み終えるまで)
ナノグリップと私の「脱げない」関係
ナノグリップと私の「脱げない」関係
ナノグリップと私の「脱げない」関係

私にとって水着とは、普通の服よりも多くの時間をともにする関係と言っても言い過ぎではない大切なもの。サーフトリップ、いやじつは普段から下着をつけるのはあまり好きではなく、代わりに水着を着ていることはしょっちゅう。だから脱げ…

8 分(読み終えるまで)
クラウド・リッジ、ここだけのストーリー:これは、日本の山を愛する日本人アンバサダーたちのパッションの結晶だ
クラウド・リッジ、ここだけのストーリー:これは、日本の山を愛する日本人アンバサダーたちのパッションの結晶だ
クラウド・リッジ、ここだけのストーリー:これは、日本の山を愛する日本人アンバサダーたちのパッションの結晶だ
花谷 泰広

2014年3月、当時アルパインクライミング・アンバサダーだった横山ジャンボ勝丘、谷口けい、そして花谷泰広の3人が鎌倉の日本支社オフィスに集い、日本支社スタッフ3名を交えてミーティングをした。そのときの議事録を久しぶりに開…

9 分(読み終えるまで)
よく使われる検索語