食品のストーリー

Eric Bissell
遺伝子組み換え食品が安全なら、ラベルを付けられるはずです。
遺伝子組み換え食品が安全なら、ラベルを付けられるはずです。
遺伝子組み換え食品が安全なら、ラベルを付けられるはずです。
ローズ・マーカリオ

パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが2000年代初期に遺伝子組み換え食品について執筆しはじめたとき、彼は合理的な疑問を投げかけることからはじめました。「遺伝子組み換え食品について衣料品製造会社は何を知っているのだろ…

5 分(読み終えるまで)
リジェネラティブ・オーガニックで目指す日本の食と農業の根源的な転換
リジェネラティブ・オーガニックで目指す日本の食と農業の根源的な転換
リジェネラティブ・オーガニックで目指す日本の食と農業の根源的な転換
パタゴニア

この記事内で紹介する写真は、RO認証取得に向けて協同する4件の農業団体のものです。 • トカプチ株式会社 (北海道、ワイン用有機ブドウ) • 有限会社 仁井田本家 (福島県、日本酒用有機酒米) • Three littl…

8 分(読み終えるまで)
未来を釣り上げるスペイン流の方法
未来を釣り上げるスペイン流の方法
未来を釣り上げるスペイン流の方法
リサ・アベンド

友人のナンシーは納得がいかないようでした。私は半年に一度のマドリード訪問中で、今回は、輝く皿に盛られたルビー色の生ハムや、甘みがあっていい塩加減のグリルした美味しいエビが楽しめるいつものタパスバーではなく、この明るすぎる…

13 分(読み終えるまで)
正しく食べる
正しく食べる
正しく食べる
イヴォン・シュイナード

このエッセイは『パタゴニア プロビジョンズ ジャーナル 2020』 に掲載されたものです。 16歳の頃、ひとつだけ確信していたことがある。それは、野生の地で素晴らしい冒険をしながら人生を送りたい、ということだ。そして、そ…

10 分(読み終えるまで)
土壌に一線を画す「リジェネラティブ・オーガニック(RO)」
土壌に一線を画す「リジェネラティブ・オーガニック(RO)」
土壌に一線を画す「リジェネラティブ・オーガニック(RO)」
ローズ・マーカリオ

近年、世界中でオーガニック食品の生産と売り上げが急上昇しています。世界のオーガニック食品市場は2015年から2020年にかけて16%の成長が予想されており、それは従来の農法で栽培された食品よりも早いペースです。 これは朗…

9 分(読み終えるまで)
ジャングルのなかで成長する農園
ジャングルのなかで成長する農園
ジャングルのなかで成長する農園
バーギット・キャメロン

ニカラグアのサンマルコスにある〈ソル・シンプレ〉は、77件ほどの小規模農園と協働で、パタゴニアプロビジョンズのマンゴー製品(オーガニック・チリ・マンゴーとオーガニック・カカオ+マンゴー・バーを含む)の果物を生産している。…

5 分(読み終えるまで)
一歩一歩進んでいく
一歩一歩進んでいく
一歩一歩進んでいく
ケイト・ラザフォード

私は1月にモンタナの羊牧場にあった、教室がひとつだけの校舎で生まれた。その4か月後にアラスカに引っ越した両親は、森のなかに山小屋を建て、私のためにブランコと空中ブランコも作った。何年間も、私が知っていた交通手段は犬ぞりだ…

7 分(読み終えるまで)
耕うんをしない農場
耕うんをしない農場
耕うんをしない農場
アンドリュー・オライリー

デル・フィッケは土壌マニアだ。 「本当にいい土にはじめて触れたとき、それはまるで興奮剤のようなもの」と彼は言う。手に取ると、それがどんなにいいかが分かる。匂いや味まで感じることができる。もっと欲しいという気になるんだ」 …

9 分(読み終えるまで)
土地における解放:『Farming While Black(黒人でありながらの農業)』の著者リア・ペニマンとの対談
土地における解放:『Farming While Black(黒人でありながらの農業)』の著者リア・ペニマンとの対談
土地における解放:『Farming While Black(黒人でありながらの農業)』の著者リア・ペニマンとの対談
ジェフ・マッケルロイ

リア・ペニマンは、ニューヨーク州グラフトンにあるソウル・ファイア・ファームの共同創始者だ。彼女は「有色人種による農地管理を増やし、食物獲得の公平性を促して、次世代のアクティビスト農家を育てることにより、食料システムにおけ…

8 分(読み終えるまで)
痛いほど美味
痛いほど美味
痛いほど美味
サキアス・バンクソン

November 2019 ジャーナル初出。カーストンのスパイシー・マジック・ソースのレシピは本投稿のいちばん下までスクロールしてください。  僕は舌が溶けてしまうかのように感じられたが、カーストン・オリバーは大丈夫だか…

8 分(読み終えるまで)
農家であり、農学者であるヘザー・ダービー
農家であり、農学者であるヘザー・ダービー
農家であり、農学者であるヘザー・ダービー
パタゴニア

同じ土地で農業を営む第7世代目の農家であるヘザー・ダービーにとって、夜明けから日没まで仕事をするのは自然なことです。ワークウェア・シリーズのストーリーのひとつとして取り上げたのは、弛まなく働きつづけるバーモント大学の研究…

2 分(読み終えるまで)
守る価値があるもの
守る価値があるもの
守る価値があるもの
ショーン・ドハーティ

比類のないオーストラリアのビーチブレイクを 永遠に変えてしまう養殖産業との闘い キング・アイランドに到着した日、僕たちはマーサ・ラヴィニア・ビーチへと車を走らせた。そして砂丘に立ち、波がビーチに沿って走っていくのを見た。…

8 分(読み終えるまで)
魚を食べる人間はどうしたらいいのでしょうか?
魚を食べる人間はどうしたらいいのでしょうか?
魚を食べる人間はどうしたらいいのでしょうか?
ラングドン・クック

ケビン・デイビスがルイジアナ州南東部で過ごした子供時代、リサイクルとはピックアップトラックにゴミを積み込み、川へ行って捨てることを意味しました。それでも、彼と隣人たちは野生に対する畏敬の念を抱いていました。「僕らには狩猟…

8 分(読み終えるまで)
海に学び、土に習う
海に学び、土に習う
海に学び、土に習う
倉石 綾子

日本代表するビッグウェーブサーファーにして、パタゴニアのサーフィン・アンバサダーを務める田中宗豊さんのもう一つの顔は農家である。海と深い山に囲まれた徳島県海陽町で、妻の美子さんとともに米やハーブ、野菜を育てて暮らしている…

8 分(読み終えるまで)
地面の下に着目する農業
地面の下に着目する農業
地面の下に着目する農業
リズ・カーライル

環境再生型有機農業の可能性 「地面の上に着目して育てるように教え込まれるのが問題なんだ」と、丈の低い植物(それがレンズ豆であることを私はあとで知る)が並ぶ畑へ導きながら、デイヴィッド・オイエンが言う。私は地面の上に着目し…

13 分(読み終えるまで)
世界の果ての菜園
世界の果ての菜園
世界の果ての菜園
ハヴィア・ソレル

現状の土壌喪失、炭素汚染、惑星の温暖化がつづけば、私たちを待ち受けているのは、人間がその生存を依存する食物の95%がわずか60回の収穫ののちに育たなくなる未来です。それと同時に、この災難を防止する方法が手中にあります。そ…

7 分(読み終えるまで)
土地のものを食べて暮らす自由
土地のものを食べて暮らす自由
土地のものを食べて暮らす自由
マイク・ウッド

子供のころ、コネチカット川は私にとってユーコン川のようなものでした。何日も川沿いで遊び、中洲や水たまりへとカヌーを漕いでは、カニやスナッパー、ブルーフィッシュ、アヒルやエールワイフを探しました。エールワイフは見事な銀色の…

9 分(読み終えるまで)
環境修復型養殖:史上最高の漁業
環境修復型養殖:史上最高の漁業
環境修復型養殖:史上最高の漁業
ブレン・スミス

かつて商業漁業に携わっていた私が養殖業に転身するにあたり、ムール貝は私の最良の相談相手だった。ムール貝は、我々の海とフードシステムを、再生可能にする手助けをしてくれる。 新世代の漁師 私の旅の目的の1つは、生態系を取り戻…

5 分(読み終えるまで)
地球を救うかもしれない、密かに魅力的な生命体
地球を救うかもしれない、密かに魅力的な生命体
地球を救うかもしれない、密かに魅力的な生命体
ポール・グリーンバーグ

人目を引く海産物のエッセイを書こうと座ってみる。まず脳裏に浮かぶのは、昔から人間の関心を集めてきた、なめらかで魅力的な生物たちだ。サーモンは、世界屈指の大河の源流を産卵場所にしており、そこへたどり着こうと20ノット(時速…

6 分(読み終えるまで)
地方創生の礎として、広葉樹をパートナーに選ぶ
地方創生の礎として、広葉樹をパートナーに選ぶ
地方創生の礎として、広葉樹をパートナーに選ぶ
中村 幹広

2011年7月、スイス・チューリッヒ州ヴィラ村 『Fichte, Vier(トウヒ、4)』『Ja, nächste!(了解、次!)』『Buche, fünf(ブナ、5)』)男たちのそんな声が雨上がりのスイスの森に響くなか…

8 分(読み終えるまで)
リジェネラティブ・オーガニック認証発表
リジェネラティブ・オーガニック認証発表
リジェネラティブ・オーガニック認証発表
ローズ・マーカリオ

土曜日、ナチュラル・プロダクト・エキスポ・ウエストにて〈リジェネラティブ・オーガニック・アライアンス〉は私たちの新しい認証を初公開しました。下記は私の講演からの抜粋です。ビデオも是非ご覧ください。 2012年、私たちは惑…

4 分(読み終えるまで)
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
森から潮へ:ハマハマ牡蠣
マルコム・ジョンソン

「私たちにとっては、潮が社長です」とワシントン州のピュージェット湾にある家族経営5代目の貝養殖場、ハマハマ・オイスターのアダム・ジェームスは語る。 「8月の終わりと9月、午前3時か4時に、ビーチで収穫します。太陽が昇ると…

3 分(読み終えるまで)
オーガニックを失った日
オーガニックを失った日
オーガニックを失った日
デーヴ・チャップマン

フロリダ州ジャクソンビルで開かれた米国農務省の会議を振り返ると、憤りと嘆き、そしてこれからも前進をつづけなければならないという切迫感が消えない。この全米オーガニック基準委員会(NOSB)の会議は全米オーガニックプログラム…

28 分(読み終えるまで)
オーガニック基準は土壌からはじまる
オーガニック基準は土壌からはじまる
オーガニック基準は土壌からはじまる
ローズ・マーカリオ

栽培方法に関する議論は、「オーガニック」認証がはじめて通過してからこれまでほぼ20年のあいだずっとなされてきました。食品の一部は土壌で育ち、他の一部は広い屋内で照明のもと水耕栽培されます。これらの方法にはそれぞれの理由が…

2 分(読み終えるまで)
リジェネラティブ・オーガニック認証への旅にご参加ください
リジェネラティブ・オーガニック認証への旅にご参加ください
リジェネラティブ・オーガニック認証への旅にご参加ください
ローズ・マーカリオ

パタゴニアは再生型オーガニック農業への新たな高い目標を掲げるために〈ロデール・インスティチュート〉と密に取り組み、リジェネラティブ・オーガニック認証を設定しました。この認証は、人びとと動物を大切にしながら土壌を豊かにする…

5 分(読み終えるまで)
Unbroken Ground
Unbroken Ground
Unbroken Ground

革命は下からはじまる

見る
25:58
『未開の領域』のツアー
『未開の領域』のツアー
『未開の領域』のツアー
スティーブン・ジョーンズ

制作パタゴニア プロビジョンズ、監督クリス・マロイ(『180 South』)による最新の短編映画『未開の領域』をご紹介します。これは私たちの土地、水、野生動物を修復可能にする方法で育てられ、収穫され、製造された食物が、環…

6 分(読み終えるまで)
よく使われる検索語