ヘニョからの教え

『ヘニョからの教え』でキミ・ワーナーとともに韓国へ旅し、そこで彼女が「海の母」ことヘニョたちからその素潜りと文化を通して、母親になることと家族を養うことを学ぶ様子をご覧ください。「社会は母親業のものすごさを理解していないと思います」と、キミは語ります。

2021

母親になることがプロ・フリーダイバーとしてのキャリアにもたらす影響を懸念していたキミ・ワーナーは、妊娠約6か月目に韓国のチェジュ島を訪れることを決意。その旅の目的は、彼女が憧れていた「ヘニョ」に会うことでした。ヘニョとは素潜りで漁をする海女たちのことで、その文化は何世紀も遡り、しばしば韓国最初の働く母とされています。

はじめての子を身ごもるキミは、素潜りで生計を立てる母または祖母たちが自給自足の姉妹関係を築き、ヘニョとしていかに女性の強さと回復力を象徴しているかを探索します。ソロの水中冒険家から家族を養う母親へと移行するキミは、多くが70歳を優に超えつつも素潜りをつづけるヘニョたちからの学びを必要としていました。

『ヘニョからの教え』でキミとともに旅し、そこで彼女が自己の遺産を伝えるとは何を意味するのかの理解し、母親になることはプロアスリートにとって障壁ではなく、前進の道であることを学ぶ様子をご覧ください。

よく使われる検索語