プラスティコ

世界最大級の波を求めて。

2020 / 18 分

チリ海岸の沖800キロに有名な漂流者の名前がついた小さな島があります。
そこは豊かな海とパワフルな波に囲まれた荒涼とした場所で、レア・ブラッシー、ラモン・ナバロ、コール・クリステンセンがサーフィンのためにそこを訪れたとき、彼らは粗暴な天気と風に手こずりました。しかし彼らはその島が与えてくれるのは波だけではないことも発見し、セッションの合間に島民がいかにしてその野生の海域と漁場を上手く保護しているのかについても学びました。そしてなぜ、アレハンドロ・セルカーク島ではよそ者を「プラスティコ」と呼ぶのかについても。

よく使われる検索語