burgerburgerchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightellipsesellipsespro logopro logopro logopro logologologonavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgernavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xLoading ...Patagonia Loading Iconplayplaysearchsearchshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledxx

ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表

パタゴニア  /  読み終えるまで5分  /  フットプリント

アートワーク:ジェフ・マクフェトリッジ

ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表

アートワーク:ジェフ・マクフェトリッジ

今シーズン(2014年秋)より、パタゴニアのダウン製品にはトレーサブル(追跡可能な)・ダウンを100%使用します。これはパタゴニアのダウン製品すべてが強制給餌やライブ・プラッキング(生きたまま羽毛採取)を行われた鳥によるものではないことが追跡可能であることを意味し、追跡不可能なダウンの混入は一切ありません。トレーサブル・ダウン基準はアパレル業界において最高レベルの動物福祉を保証します。パタゴニアは2007年から取り組み、それを達成した唯一のブランドです。

アートワーク:ジェフ・マクフェトリッジ

これはパタゴニアにとって誇り高い節目になりました。クリーネストラインの長年の読者は、パタゴニアが動物愛護団体の〈Four Paws〉に生きたまま羽毛採取されたダウンを使っていると糾弾された際の2011年4月(日本では6月)の最初の投稿を覚えているかもしれません。後にこのクレームは正しくないことが証明されました。しかしこの論争の際に私たちは〈Four Paws〉と対話を持ちました。〈Four Paws〉フットプリント・クロニクルに掲載された写真を元に私たちがフォアグラ用に飼育されたグレーグースからのダウンを使用している疑いがあることを指摘しました。フォアグラ生産では肝臓を肥大させるために強制給餌が行われます。後続のブログ投稿で、当時、私たちのダウンが食肉だけでなくフォアグラ用に強制給餌されたガチョウからの(副産物である)ダウンを使用していることを認めました。今日、私たちは第三者機関の認証に裏付けされた自信と誇りを持って言えます。パタゴニアのダウンは強制給餌や生きたまま羽毛採取を行われた鳥からのものではありません。

100%トレーサブル・ダウンの使用に内在する健全な動物福祉の保証は、パタゴニアの経営陣、デザイナー、素材プランナー、調達部門、サプライヤーと企業の社会的責任チームの何千時間にもわたる努力の賜物です。それは安価なことでも、容易なことでもありませんでした。この実現のため、私たちは戦略やビジネス業務を変えなければなりませんでした。けれども良心を犠牲にすることなく温かくいられる製品を作ることが、私たちが誇りにできるレガシーなのです。

ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表

私たちはしばしばすべての鳥が人道的な取り扱いを受けていることをどうやって保証するのかと聞かれます。これはダウンのサプライチェーンの全工程を検証することによってのみ達成可能です。その説明はとても複雑なプロセスであるため、クリーネストラインの題字のイラストを描いてくれたジェフ・マクフェトリッジに助けを求めました。パタゴニアのウェブサイトの特別なプレゼンテーションは生きたままの羽毛採取あるいは強制給餌された鳥に起因するという従来のダウンの問題だけではなく、サプライチェーン全体を追跡し、ダウンが人道的な扱いを受けた鳥に起因することを認証するパタゴニアの解決策を明確に提示しています。

 

ビデオ:プラッキングとは一体? – 従来のダウンは恐ろしいビジネスです

ダウンのサプライチェーンの全工程を説明するイラストはpatagonia.com/japan/traceabledownをご覧ください。

動物福祉を保証するための努力を推進するため、パタゴニアは〈NSF International〉とパートナーシップを組み、ダウンのサプライチェーンの評価を継続します。NSFは非営利の水準/認証機関で、検証だけではなく2015年の秋にトレーサブル・ダウン100%の認証を得られるよう支援します。私たちは単一の認証水準の設定を目指し、ダウン産業界の他社との協力も続けます。このため短期的には〈Four Paws〉〈Outdoor Industry Association〉〈European Outdoor Group〉および〈German Sporting Goods Industry Association (Bundesverband der Deutschen Sportartikel-Industrie) 〉と協力して既存の水準を評価し、責任あるダウン水準を向上させるために〈テキスタイル・エクスチェンジ〉の運営委員会とともに取り組みます。

当面のあいだ、お客様にお伝えした注意事項はいまも有効です。靴に使われるレザーを含め、動物製品を避けているビーガンの方は、ダウン製品を避けることが賢明かもしれません。パタゴニアは高品質の化繊インサレーションを使用したウェアも継続して提供しています。

よく使われる検索語