ネバー・タウン

『ネバー・タウン』は、オーストラリア南洋沿岸がサーファーにとって何を意味するのか、そしてそれらを救うためにサーファーが何をしようとしているのかを探ります。

2020

オーストラリア南洋沿岸を撮影したサーフ映画であり、環境保護の映画でもある『ネバー・タウン』は、これらの場所がサーファーにとって何を意味するのか、そしてそれらを救うためにサーファーが何をしようとしているのかを探ります。本作はデイヴ・ラストヴィッチやベリンダ・バグスらのサーフィンと、沿岸での開発に立ち向かう活動家たちとの会話が盛り込まれた映像にオーストラリアサウンドを融合。世界中の+AE36岸線がかつてないほどの困難にさらされているなか、『ネバー・タウン』はサーファーと地元住民が集まって周囲の野生地を守るために行動を起こすための、ときの声です。

よく使われる検索語