コンテンツに移動

地球が私たちの唯一の株主

事業の繁栄を大きく抑えてでも地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが私たちにできることです。

イヴォンの手紙を読む

オンラインショップの送料改定について

2024年7月4日から、オンラインショップにおけるすべての注文および返品に対して一律330円の送料をお客様にご負担いただきます。

詳しく見る

スタンドアップ・ガイ

ヴィンセント・スタンリー  /  2011年6月27日  /  読み終えるまで3分  /  コミュニティ, デザイン

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

イタリア、セレーニョ市在住のセザーレ・フィオルッチが、はじめてスタンドアップ・ショーツを手にしたのがいつのことなのか、またはいつからポケットの裏地に消えないように旅先の地名を書きとめるようになったのかは定かではありません。けれども写真を見ると、最初のポケット記録には「88/89年 ギニアビサウ」と記されています。自身もビジネスマン(フィオルッチ・インターナショナル代表)であるセザーレは、かつてイヴォン・シュイナードにこう尋ねました。「パタゴニアの製品がこれほど長持ちするのに、その経営者はなぜ金持ちになれるんだ?」と。

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

2002年、ミラン店は、ひいきのお客様であるセザーレのさまざまな訪問地のリストと、月を往復するような旅行距離に感銘を受け、彼と彼のショーツを称えた額を店内に飾りました。

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

それから9年がたった今、セザーレはいまだにスタンドアップ・ショーツで旅をつづけています。そしてもちろんポケットの旅記録も・・・。下:インダス川を渡るセザーレ。ビクトリア滝からのバンジージャンプ。エリトリアの港町にて。

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

スタンドアップ・ガイ

Photo: Cesare Fiorucci 提供

最近セザーレはイヴォンに手紙を送り、記録を書く場所が無くなってしまったと嘆きました。それでは彼の旅の日々は終わってしまったのでしょうか。もちろん違います。イヴォンはこう返事を書きました。「ポケットを裏返しにして、裏側に書きつづければいいじゃないか」

パタゴニアは製品を保証しています。

製品保証を見る

私たちはみずからの影響に責任をもちます。

フットプリントを見る

私たちは草の根活動を支援します。

アクティビズムを見る

私たちはギアを生かしつづけます。

Worn Wearを見る

私たちは利益を地球に還元します。

イヴォンの手紙を見る
よく使われる検索語