burgerburgerchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightellipsesellipsespro logopro logopro logopro logologologonavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgernavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xLoading ...Patagonia Loading Iconplayplaysearchsearchshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledxx

ブラックフライデー(11月25日)の過去最高売り上げを地球のために全額寄付

読み終えるまで3分  /  アクティビズム

Photo: Garrett Grove

先週、世界中の直営店とオンラインストアの「ブラックフライデー」の売り上げの100%を、未来の世代のために空気や水や土を守る活動をする草の根環境保護団体に寄付することを、私たちは発表しました。そして、多くのお客様がこのことを「地球のための寄付金集め」と呼んでいると耳にしました。

反響は予想を大きく上回るものであったことを、ここにご報告します。皆様のご支援により、パタゴニアでは全世界合計で過去のブラックフライデーの売り上げの記録を塗り替える1,000万ドル(約11億円)を売り上げることができました。予想していた売り上げの200万ドル(約2億2000万円)の5倍を超える金額でした。このブラックフライデーにお客様が地球に対して示した大きな愛で、私たちはこの金額を1円たりとも残さず、すべて世界中で活動する草の根環境保護団体に寄付することができるのです(注釈:国内の売り上げはすべて日本の草の根環境保護団体に寄付されます)。

これらの草の根環境保護団体の多くは資金に乏しく、注目も浴びていません。皆様が関心を寄せていただいたことを彼らはとても喜んでいます。活動家の皆さんとパタゴニア社員を代表して、#loveourplanetに参加してくださったお客様、友人、そして世界各国のコミュニティに心より感謝を申し上げます。

過去にパタゴニアから環境助成金を受け取った団体については、こちらからご覧いただけます。今回の臨時資金は、気候変動をはじめとするさまざまな深刻な環境問題に対して大きな役割を果たすことでしょう。

科学は私たちにはっきりと、明確に伝えています。「私たちは問題を抱えています」と。コミュニティで活発に活動することにより、私たちは野生の土地や生物を保護し、二酸化炭素の排出量を削減し、再生可能エネルギーへの投資に基づく新しいエネルギー経済を築き、そして最も重要なこととして、気候変動に関するパリ協定で定められた重大な目標にアメリカ合衆国が完全に責任を果たすための政策や規制を擁護するために声をあげることができるのです

パタゴニア製品を愛用してくださっている多くのお客様に加え、この取り組みはこれまでパタゴニア製品を購入されたことのない何千人もの方にも届きました。環境への強い価値観を持ち購入を決断された方、そして直接的に環境保護への関わりを持とうと一歩踏み出した方がこれほどまでたくさんいたことに勇気付けられました。

1%フォー・ザ・プラネット

パタゴニアは自然環境保護の必要性を理解し、企業が与える社会的/環境的影響を懸念する企業同盟「1%フォー・ザ・プラネット」の名誉あるメンバーの一員です。経営者の方は、1%フォー・ザ・プラネットへの加盟をご検討ください。年間売上の1%を非営利団体に寄付することにより、加盟企業は真の変化をもたらすことができます。1%フォー・ザ・プラネットについての詳細は、 onepercentfortheplanet.orgをご覧いただくか下記へお問い合わせください。

1%フォー・ザ・プラネット日本窓口: infojapan@onepercentfortheplanet.org

草の根環境保護団体の皆様は、ぜひパタゴニアの環境助成金プログラムへの申請をご検討ください。プログラムについての詳細はこちらです。すべての申請基準に合致しない場合でも、環境保護への貢献度が高いと判断された場合には助成可能な場合もありますので、お問い合わせください。

パタゴニア日本支社 環境・社会部門(電話:045-435-6012)または、カスタマーサービスお問い合わせフォーム

よく使われる検索語