コンテンツに移動

地球が私たちの唯一の株主

事業の繁栄を大きく抑えてでも地球の繁栄を望むのならば、私たち全員が今手にしているリソースでできることを行う必要があります。これが私たちにできることです。

イヴォンの手紙を読む

オンラインショップの送料改定について

2024年7月4日から、オンラインショップにおけるすべての注文および返品に対して一律330円の送料をお客様にご負担いただきます。

詳しく見る

『ストーク・アンド・ブローク』  流浪の無一文サーフトリップ。非日常の冒険の先にある“自由”とは?

 /  2011年12月19日 読み終えるまで3分  /  コミュニティ
『ストーク・アンド・ブローク』  流浪の無一文サーフトリップ。非日常の冒険の先にある“自由”とは?

ファンウェイブとフリーな発想のサーフィン、ユニークな登場人物が語る人生観。若い2人のサーファーは、社会やコミュニティーの中で、本当の自由を手に入れられるのか…。

手作りの竹製リヤカーにサーフボードやソーラー発電機、最小限の生活道具を載せて、南カリフォルニアのコースト沿いを無一文で南下していくふたりの若きサーファー、サイラス・サットンとライアン・バーチ。この映画は、DIYの精神とミニマリズムとシンプルライフを体現する彼らの8日間のサーフトリップをドキュメントした、ユーモラスなロードムービーだ。 サーフトリップといっても、そこは日頃ふたりが暮らしている地元のサンディエゴ。でも、徒歩と野宿で旅するからこそ改めて見えてくるものもある。それは日常の景色とはちょっと違う、非日常の視点で見た光景や人、波、モノゴト。ふたりが行く先々で出会うのは、スティーブ・ファーガソンやリチャード・ケンビン、グレン・ホーンといった、サーフィンに軸足を置くライフスタイルを貫いてきた超個性的な人びと。彼らは、社会と自由との狭間で葛藤しながら立ち位置を模索してきた、その魅力的な人生をふたりに物語る。

道すがら、サイラスたちは自炊したり、他人に食事を奢ってもらったり、物乞いしたり、ドッグフードを食べたり…。物質経済社会の中で無一文で生きることの難しさを知り、路上生活の中で感じる疎外感、さらにコミュニティーからの孤立を味わう。一方で良い波を見つけては、波に乗る道具を臨機応変に変えながら海に入る。時にはロングボードで、時にはアライアで、時には自作ハンドプレーンで、そして時にはフォーム材でサーフィン。海に癒され、波に乗る悦びに歓喜し、自由を謳歌する。大量消費型の社会に一矢を報いる奇才サイラス・サットン監督のユーモアたっぷりの視座が、観る者に問題を提起する。既存のサーフフィルムとは一線を画す「ストーク・アンド・ブローク」は、文明を享受することで失ってしまった何かを現代人に改めて問う、ある種の社会派ドキュメンタリーフィルムなのである。

『ストーク・アンド・ブローク』  流浪の無一文サーフトリップ。非日常の冒険の先にある“自由”とは?

‘———————————————-

米西海岸注目の若手アーティスト、サイラス・サットン監督の最新作である本作品のDVDが2012年1月18日(水)に発売されます。パタゴニアではDVD発売に合わせて、各直営店で上映イベントを開催します。詳細についてはこちらからご確認ください。

パタゴニアは製品を保証しています。

製品保証を見る

私たちはみずからの影響に責任をもちます。

フットプリントを見る

私たちは草の根活動を支援します。

アクティビズムを見る

私たちはギアを生かしつづけます。

Worn Wearを見る

私たちは利益を地球に還元します。

イヴォンの手紙を見る
よく使われる検索語