サーフ・ストーリー

Ted Grambeau
色あせたボードショーツ
色あせたボードショーツ
色あせたボードショーツ
麻生 弘毅

世界の海を舞台に、レースをともに戦った青いボードショーツ。少し色あせたいまも心地よくパドラーを包み、今日もともに海へと向かう。

8 分(読み終えるまで)
「家族」とともに海を渡る:カヌーピープルという美しい生き方
「家族」とともに海を渡る:カヌーピープルという美しい生き方
「家族」とともに海を渡る:カヌーピープルという美しい生き方
麻生 弘毅

日頃からともに漕ぎ、心を通わせ、その日を待つ。10年越しの「THE DAY」を迎え、大海原へと旅立った、ある家族の物語。

11 分(読み終えるまで)
海に浮かぶゴミ箱
海に浮かぶゴミ箱
海に浮かぶゴミ箱
ガブリエラ・アウン

ベン・ウィルキンソンは、救出した木材で家具・彫像・サーフボードを作る時も、世界各地で大波を追いかける時も、本能に導かれている。「夢中になれることをやっているだけさ」と彼は言う。 今は家庭に2人の小さな子どもがいる。ネムノ…

6 分(読み終えるまで)
パンデミックでもミー・ウォーターを止められない
パンデミックでもミー・ウォーターを止められない
パンデミックでもミー・ウォーターを止められない
モーガン・ウィリアムソン

カリフォルニア州サンフランシスコは、文化・富・階級の多様な約90万人の人々が、海に囲まれた約125㎢キロメートルの範囲に暮らしている。この都市には3つの海岸があり、そのうち2つは湾内のため静かだが、もう1つは太平洋の強烈…

8 分(読み終えるまで)
失われていく砂浜
失われていく砂浜
失われていく砂浜
阿出川 潤

サーファーというのはとても薄情な生き物だと思うときがある。 日頃から「自然環境を大切に」「海からゴミをなくそう」「海へのコンクリート反対」などと声高々に叫んでいたとしても、訪れた海でいい波に乗れたならば(例えそれが海に入…

8 分(読み終えるまで)
解き放つことについて
解き放つことについて
解き放つことについて
モーガン・ウィリアムソン

ロープを手放し、パドルするには速すぎる巨大な波のグライドを体験できるのは、ほんのひと握りのサーファーだけ。それには強い信念と自信、そしてある時点でボードのレールがちょっとでも間違った角度に食い込めば、30フィート(約10…

4 分(読み終えるまで)
ヘニョからの教え
ヘニョからの教え
ヘニョからの教え

『ヘニョからの教え』でキミ・ワーナーとともに韓国へ旅し、そこで彼女が「海の母」ことヘニョたちからその素潜りと文化を通して、母親になることと家族を養うことを学ぶ様子をご覧ください。「社会は母親業のものすごさを理解していないと思います」と、キミは語ります。

見る
エディは永遠に
エディは永遠に
エディは永遠に
モーガン・ウィリアムソン

まさに「湾がその日を呼び寄せる」だ。「エディ」が決行される日は、潮気を含んだ靄がセブン・マイル・ミラクル立ちこめ、車がカメハメハ・ハイウェイに渋滞を作り、仕事は休み、学校も休校、ハワイのだれもが固唾をのんで見守る。 クラ…

9 分(読み終えるまで)
海でつながる| BWRAG誕生の秘話
海でつながる| BWRAG誕生の秘話
海でつながる| BWRAG誕生の秘話

60cmから6メートルの波まで、ビッグウェーブ・リスク・アセスメント・グループ(BWRAG)は世界中でサーフィンの安全性のための行動を喚起している。

見る
19:19
失われた友と海洋の危機管理
失われた友と海洋の危機管理
失われた友と海洋の危機管理
モーガン・ウィリアムソン

「それは何かに火を付けた」と、ビッグウェーブ・アセスメント・グループ(BWRAG)の共同創設者コール・クリステンセンは、友人のサイオン・ミロスキーが亡くなった2011年3月16日のマーベリックスでの事故について語る。「僕…

10 分(読み終えるまで)
ネバー・タウン
ネバー・タウン
ネバー・タウン

『ネバー・タウン』は、オーストラリア南洋沿岸がサーファーにとって何を意味するのか、そしてそれらを救うためにサーファーが何をしようとしているのかを探ります。

見る
深みの限界まで
深みの限界まで
深みの限界まで
マット・スクナージ

2019年1月初旬、ペイジ・アルムスはマウイ島の自宅でワールド・サーフ・リーグの「cbdMDジョーズ・ビッグウェーブ・チャンピオンシップ」の興奮から覚めずにいた。大会は風が吹き荒れ、海面は分厚い50フィート(約15メート…

5 分(読み終えるまで)
海上生活に学ぶ自己隔離
海上生活に学ぶ自己隔離
海上生活に学ぶ自己隔離
リズ・クラーク

大人になってからほとんどというもの、自分のヨット、スウェル号で敢えて隔離された生活を送っている。最初こそ、孤独や未知なるものが、欠乏や寂しさへの恐怖を膨らませたが、そこを乗り越えてしまえば、こうした恐怖には何の根拠もない…

7 分(読み終えるまで)
自分の声を出す
自分の声を出す
自分の声を出す
ジャナ・アイアンズ

サーフィンは自分の時間を自分勝手に過ごす方法、だと決めつける傾向が昔からあります。オーストラリア人のベリンダ・バグスは10年以上、良い波や撮影の機会を追いながら、聞き飽きたこの決まり文句どおりの生活をしていました。けれど…

4 分(読み終えるまで)
海のための声
海のための声
海のための声

私たちは愛するものを守ります。

見る
未踏の波
未踏の波
未踏の波
コウスケ・フジクラ

2015年3月、碇山勇生はコール・クリステンセンに連れられて、はじめてワイメアの波を訪れた。その後何年も、勇生は片言の英語とたくさんの絵文字でコールに呼びかけ、彼の住む奄美大島の、台風でリーフにうねり立つ波へとコールを誘…

4 分(読み終えるまで)
ネットでプラス
ネットでプラス
ネットでプラス
アダム・スコルニック

廃棄されたプラスチックの漁網がどのようにしてパタゴニアの帽子のつばになったのか 毎年、800万メトリックトン以上ものプラスチック廃棄物が海に流出します。プラスチックは座礁したクジラや季節によって移動するアホウドリの体内に…

4 分(読み終えるまで)
ありきたりではない大会
ありきたりではない大会
ありきたりではない大会
ガブリエラ・アウン

イアン・ウォルシュには完璧なサーフィン大会を実現したいという夢がありました。 会場にはダンクタンクやバウンスハウスやゲーム露店が立ち並んでいます。参加者はキャンバスに描いた絵を誇らしげに展示したり、自分たちで料理をしたり…

4 分(読み終えるまで)
過程と報酬
過程と報酬
過程と報酬
ピート・ギアル

木漏れ日の差す広場には、鮮やかなブーゲンビリアが白壁に沿って生い茂っている。小さな魚市場は、道端で安いプラスチック製品を売る行商人にはさまれている。この見知らぬ港町には、はじめて来た。そして、グレッグ・ロングは散髪をしよ…

7 分(読み終えるまで)
誉れ高きヘニョ
誉れ高きヘニョ
誉れ高きヘニョ
アーチャナ・ラム

“「長いあいだ母親になることを後回しにしてきました。将来の自分のキャリアに確信がなかったから。世に知られるアスリートとしての機会をなくしてしまうのではないかと不安だったんです。社会は母親業のものすごさを理解し…

10 分(読み終えるまで)
フィッシュピープル
フィッシュピープル
フィッシュピープル

海に人生を捧げる個性あふれる人たちのストーリー

見る
52:26
バイト(湾)を守る戦い
バイト(湾)を守る戦い
バイト(湾)を守る戦い
ショーン・ドハーティ

ヒース・ジョスクの愛車は1997年製のトヨタ・ハイラックス・トラックだ。錆びて埃にまみれ、貼ってある抗議ステッカーで形を保っているかのように見える。トラックの走行距離は80万キロメートルを超え、そのほとんどが未舗装路を走…

14 分(読み終えるまで)
テスト環境の充実性
テスト環境の充実性
テスト環境の充実性
マルコム・ジョンソン

たった数分のところに波があるという環境以上に重要な要素はない ハブ・ハバードのデスクからウェットスーツの試験場までは、ほんの数分。左に曲がり、国道101号線に合流したらすぐ右に出て、車を脇に停める。そこから数秒でウェット…

4 分(読み終えるまで)
プラスティコ
プラスティコ
プラスティコ

世界最大級の波を求めて。

見る
18:13
セービング・マーサ
セービング・マーサ
セービング・マーサ

キング・アイランドを養殖場から守りましょう。

見る
15:23
新たな海洋掘削の阻止
新たな海洋掘削の阻止
新たな海洋掘削の阻止
パタゴニア

トランプ政権はアメリカの海岸線ほぼ全部を石油産業に解放することを望んでいます。これは私たちのビーチと海を深刻な危機にさらすことになります。 50年前、海底石油掘削装置から10万バレルの原油がカリフォルニアのサンタバーバラ…

4 分(読み終えるまで)
広い海、広い心
広い海、広い心
広い海、広い心
ショーン・ドハーティ

フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD)では、どのような状態の海でも楽しめるよう、丈夫で高性能のギアを作ることに焦点を置いています。 フレッチャー・シュイナードにとっての1日は24時間では足りません。サーファー、…

7 分(読み終えるまで)
憧れのビッグウェーブ
憧れのビッグウェーブ
憧れのビッグウェーブ
田中 宗豊

初めてハワイを訪れたのが25年前。それから毎年通いつづけ、今シーズンもマウイ島とオアフ島で3週間ほど過ごしていた。お気に入りのサンセットビーチで日課の波チェックの途中、横にいたサーファーが「来週、巨大なスウェルが届くらし…

7 分(読み終えるまで)
海の姉妹
海の姉妹
海の姉妹
キミ・ワーナー

最高の時間には友人が必要で、完璧が目的ではない リズ・クラークとレア・ブラッシーとともにツアモツ諸島へセーリングの旅をしてから、4年が経っていました。私たちは出会った瞬間から何か特別なものを見つけるに違いないと確信し、ず…

4 分(読み終えるまで)
日本支社30周年に寄せて:パタゴニアが示す道
日本支社30周年に寄せて:パタゴニアが示す道
日本支社30周年に寄せて:パタゴニアが示す道
玉井 太朗

子どもの頃学校では「人として清く正しく生きよ」と教えられてきた。祖父からは「お天道様が見ている」とも。 冬はスキー、雪のない時期は釣りに明け暮れ、それ以外のことに興味のなかった僕は、中学校終盤に差し掛かっても自分がなにを…

6 分(読み終えるまで)
マイクロ・パフの真価を語る
マイクロ・パフの真価を語る
マイクロ・パフの真価を語る
寺倉 力

編集者、あるいはライターとして日々痛感しているのは、フィールドで使うウエアの真価を伝えることの難しさだ。使う側のニーズが多様化するなかで、今のウエアは、どんなコンディションの、どのようなフィールドで、どう着用するかという…

9 分(読み終えるまで)
サード・レッジの物語
サード・レッジの物語
サード・レッジの物語
ショーン・ドハーティ

6年前のことだ。かの有名な波がクラウドブレイクのサード・レッジでブレイクした。珊瑚礁を引き剥がしながら一気に駆け抜け、その威風堂々ぶりにサーファーたちは誰も乗れずに命からがら逃げ散った。その後、ひとつの問いが海霧のように…

10 分(読み終えるまで)
決意のパドリング
決意のパドリング
決意のパドリング
ジャレッド・マスカット

昨年、ソーシャルメディアと長距離パドリングを通じて、「てんかん」に対する認知拡大に本気で取り組もうと決心した。てんかんとは米国で26人に1人が患っている病気である。僕は17マイルのパドリングに向けて練習をしながら、ロサン…

6 分(読み終えるまで)
シュレーディンガーのピークでのジレンマ
シュレーディンガーのピークでのジレンマ
シュレーディンガーのピークでのジレンマ
トニー・バット

日没まであと1時間ぐらいだっただろうか。その場所は、思っていたよりもずっと簡単に見つかった。幹線道路から5分、岸壁からもすぐに見える距離だ。数週間前に友人がこの海岸一帯で見たという「ブレイクポイント」。きっとここに違いな…

11 分(読み終えるまで)
the more you know, the less you need:知れば知るほど、必要なものは少なくなる
the more you know, the less you need:知れば知るほど、必要なものは少なくなる
the more you know, the less you need:知れば知るほど、必要なものは少なくなる
武知 実波

楽園を見つけた。生命力溢れる自然、四方に広がる瑞々しいフルーツの木々、サーフィンができる美しい海。大きなガジュマルに手を添えて「私とあなたは同じなのかもしれない」とそんな表現が自然に浮かぶ、不思議な海の青と森の緑と火山の…

9 分(読み終えるまで)
高電圧
高電圧
高電圧
リズ・クラーク

1時間ほど眠ったあと、デッキに打ちつける大粒の雨の音で目が覚める。その音はすぐに耳をつんざくような豪雨へと発展し、私はソファから起き上がって階段を登る。登りながらレーダーの画面に目をやると、巨大なスコールがレーダーの観測…

3 分(読み終えるまで)
よく使われる検索語