burgerburgerchevron leftchevron leftchevron rightchevron rightellipsesellipsespro logopro logopro logopro logologologonavigation primary cartnavigation primary cartnavigation primary cart fullnavigation primary cart fullnavigation primary hamburgernavigation primary hamburgernavigation primary searchnavigation primary searchnavigation primary xnavigation primary xLoading ...Patagonia Loading Iconplayplaysearchsearchshopping bagshopping bagshopping bag filledshopping bag filledxx

脱出、バフィン島のスチュワート・バレーにて

ニコ・ファブレス  /  読み終えるまで4分  /  クライミング

「エル・レガロ・デ・ムウォノ」の初登で手強い凹角に挑むショーン・ヴィラヌエバ・オドリスコール。パタゴニア、トーレス・デル・パイネ Photo: Nicolas Favresse

心臓の鼓動に合わせて、右足がズキズキと痛む。何かがおかしいのはわかっているが、いまは無視するしかない。足は靴のなかでパンパンに腫れ、脱いだら最後、もう一度履くことはできないだろう。でも、愚痴るつもりはない。足はまだ動く。前のピッチで濡れたチムニーから5 メートル下のレッジに滑り落ちたとき、もっとひどい怪我を負うこともあり得たのだ。

左側にはスチュワート・バレーの巨大な花崗岩壁が見える。霜に覆われたチムニーは内側の奥深くで固い氷と化して隙間を満たし、俺たちがそれ以上奥に入るのを塞いでいる。かれこれ30 分になるが何の変化もない。ロープの染みは目の高さから動いていない。頭上から聞こえてくる物音だけが、激しさを増している。

「前向きでいろ」と自分に言い聞かせる。だが効き目はない。すぐに現実が俺の情けない自己暗示に取って代わる。地球上有数の辺鄙な場所で完全に行き詰まり、俺たちの居場所を知る者すらいない。バフィン島のこの一角に来て約2 か月になる。海氷が溶けたらボートが迎えに来る予定だが、それは今週末かもしれないし、あるいは今月末になるかもしれない。

脱出、バフィン島のスチュワート・バレーにて

北西航路のど真ん中でメイワン4 号を誘導するショーン・ヴィラヌエバ・オドリスコールとニコ・ファブレス。カナダ北極圏 Photo: Christophe Stramba-Badiali

このクライミングは俺たちがこれまでにやったルートとは顕著に異なる。暗く湿って苔が生え、どちらかといえば洞窟探検をしているようだ。プロテクションがほとんど取れないワイドクラックしかなく、そこに体を押し込むが、容赦なくハードでちっとも進まない。

目下のところ、ショーンはそんなクラックのひとつに体を食い込ませ、垂れ下がるロープの動きから察するに、どうやら立ち往生しているらしい。このピッチのはじめにかなりチムニーが狭くなり、ショーンはプロテクションなしでフェイス沿いの極めて危ういムーブに挑むか、狭いクラックにぎりぎり体を押し込んで20 メートル上まで登るかの選択を迫られた。後者を選んだショーンは、チムニーから抜け出すほんの50 センチ下で、いままったく身動きが取れなくなっている。

脱出、バフィン島のスチュワート・バレーにて

バフィン島で朝食を取るショーン・ヴィラヌエバ・オドリスコール。 Photo: Nicolas Favresse

俺はあらゆる選択肢を並べるが、実際にできることは何もない。たとえ助っ人とフィックスロープがあったとしても、ショーンを脱出させる方法は思いつかない。かつてクライマーが膝をクラックに詰まらせて、オリーブオイルを使って抜け出させたという話を読んだことがあるが、この方法も現状ではショーンをクラックのさらに奥へと押し込むだけだろう。そもそもどうやってここでオリーブオイルを手に入れるっていうんだ。

俺はまったく無力だ。

絶望の瞬間は俺に、スチュワート・バレーまでスキーを履いて海氷の上を進んできたときのことを思い出させた。あのときの俺は、あまりにも美しい景色を前にこう思ったものだ。「万一死ぬことになっても、ここなら死ぬ価値がある」

脱出、バフィン島のスチュワート・バレーにて

ますますやけくそになるショーンの荒い息づかいが聞こえる。クラックから抜け出す唯一の術は、いまいる場所から撤退し、登ったとおりに下りてくることだけだ。

突然ロープがチムニーの内側に後退しはじめた。それから15 分後、ショーンの体が解き放たれると、ためらうことなく、プロテクションなしで狭いクラックの外側の繊細なムーブに取り掛かった。

ようやく、俺たちはふたたび軌道に乗った。

バフィン島で2 か月を過ごしたあと、ニコラ・ファブレスとショーン・ヴィラヌエバ・オドリスコールはパタゴニアのビッグウォールへと南下。岩壁で19 日間立ち往生したあと、無事にヨーロッパに戻り、世界で最も美しく最も辺鄙な場所への次の進出計画を立てている。

このストーリーの初出はパタゴニアの2018年Januaryカタログです。

よく使われる検索語