なぜ、プラスチックなのか?

衣料品業界はプラスチックの問題を抱えています。変化を起こすには、あらゆるレベルで行動を起こす必要があります。

プラスチックは耐久性と機能性の優れた製品作りに欠かせません。しかし、プラスチックの製造に使用される化石燃料や、廃棄された後に積み重なる汚染など、環境危機を加速させているのも事実です。ここでは、私たちがプラスチックをいまも使用している理由と、その影響を減らすための取り組み、そして、この問題に対処するために、あらゆるレベルでの行動が、なぜ必要なのかを探りましょう。

クローゼットは化石燃料であふれています

プラスチック繊維(つまり化繊)は、衣料品産業と石油・ガス産業を繋いでいる文字通りの糸です。ほとんどのプラスチック繊維は、原油からはじまり、エチンのような化学物質に蒸留され、加熱されて使い捨てのペットボトルからポリエチレンテレフタレート(PET)やポリエステルのような衣料用繊維まで、ありとあらゆるものに変化します。国連は、衣料品の60%がこの種のプラスチックから製造されていると推定しており、2030年までにその割合は73%に達すると予想されています。これは石油・ガス産業にとって喜ばしいニュースです。輸送手段の化石燃料からの脱却が進むにつれ、プラスチックは、石油・ガス産業にとって需要を維持するための有益な手段になると専門家は述べています。

しかし、問題は石油を原料にすることにとどまりません。このような化繊原料を作るために、化石燃料を燃やすことは温室効果ガスの排出の大きな要因となっています。これらの温室効果ガスは、地球を温暖化させ、海洋酸性化を促進し、有害な大気汚染物質を放出します。

これまでに作られたプラスチックは、すべて地球上に残りつづけています

化繊衣料やギアに使用されるプラスチック繊維は、焼却されるか宇宙へ打ち上げられたりしない限りは、私たちの環境に永続的に残りつづけます。米国のプラスチックのうち実際にリサイクルされるのは10%以下で、16%が焼却され、残りは埋立地の山となって温室効果ガスを放出し、野生動物の生息地に影響を与え、大気と水質に危害をもたらします。

83%

2021年、パタゴニアのプラスチック繊維のうち、リサイクル由来のものの割合。

古いプラスチックから、新しい製品を生み出しています

衣料品に使われるプラスチックは、耐久性を維持し、耐候性や吸湿発散性などの重要な、ときとして命を救うような技術的性能を提供します。それが、私たちが製品にプラスチックを採用する理由です。

しかし、1993年にリサイクルされたペットボトルからフリースを作りはじめ、ゴミを衣類に変えた最初のアウトドア・アパレル製造会社になって以来、バージン・プラスチックへの依存を減らすことに取り組んできました。そしていま、私たちは確立されながらも、壊れたままでいる廃プラスチックの処理過程から脱却し、より体系的な考え方へと移行しています。

私たちは、通常であれば埋立地に送られたり、水路に流されてしまうプラスチックを使用し製品を作ることを可能とする新しいインフラに投資しています。2014年、カリフォルニアを拠点とし、捨てられたプラスチック漁網をネットプラス素材へと再利用するブレオ社へ投資したのも、そのためです。このパートナーシップを通じて、525トンの漁網を再利用し、そのプラスチックを帽子のつばやジャケット、ショーツなどに使用しています。

パタゴニアにおけるプラスチックの未来

私たちの目標は、自分のクローゼットでも、友達のクローゼットでも、製品をより長く着用するために、最も丈夫で長持ちする製品にのみ化繊を使用することです。その循環性の概念がWorn Wearの着想でした。Worn Wearは、(化繊由来か天然繊維由来に関わらず)古いギアの修理再利用、交換のプラットフォームであり、私たちのバージン原料の依存を減らし、すでに作られたモノをより活用してもらうためのものです。

2025年までに、化繊素材の少なくとも50%を、廃棄された衣料品や海洋プラスチックゴミ、廃棄処理システムのない地域のペットボトル回収プログラムなどから調達した原料を利用し製造することを目指します。

また、プラスチックゴミを埋立地や海から取り除き、追跡可能かつ社会的に公正なサプライチェーンを優先し、サーキュラー・エコノミーを支援する新たなパートナーシップの構築に取り組んでいます。

50%

2025年までにパタゴニアが目指す廃プラスチックの処理過程の流れを利用して製造する化繊原料の割合。

依存を削減する

リサイクルがすべての解決策ではないことも知っています。それはエネルギーを必要とし、カーボン・フットプリントも発生します。そして、いまだに適切なリサイクルの解決策が確立されていない化繊も存在します。それが、世界的なプラスチック問題に対して、真に対処するにはリサイクルだけでは不十分な理由です。

私たちはプラスチックの使用量を見直し、石油・ガスのサプライチェーンから脱却する新しい方法を見つけなければなりません。科学的根拠に基づく目標と足並みを揃え、2025年までに、バージン石油の調達を停止し、その代わりにオーガニックコットンやリジェネラティブ・オーガニックコットン、リサイクル・ポリエステル、リサイクル・ナイロンをはじめとする環境により好ましい原料を使用する予定です。

2025

サプライチェーンからバージン石油を由来とする原料の調達停止を目指す年。

全員が意義ある変化を作り出す方法

私たちは、バージン・プラスチックへの依存を減らすために前進し、製品に使用するプラスチックに対処する新しいステップに取り組んでいますが、それは私たちだけで出来ることではありません。業界の慣行を変えるには個人、ビジネス、そして政府の各レベルで行動を起こす必要があります。以下は、皆さんがそれを支援できるいくつかの方法です:

私たちにできること
端的に言うと、買うことは減らし、求めることは増やすことです。ファストファッションの概念を否定し、責任ある方法で作られた丈夫なギアを、必要なときにだけ、できれば中古品を、購入することです。そして、それを着用しては修理し、不要になったら譲りましょう。

しかし、アクティビズムはクローゼットの中だけではとどまりません。お気に入りのブランドに対して、プラスチックの使用についての考えや、それを軽減するために何をしているのか尋ねてみましょう。再生可能エネルギーに切り替えていますか?リサイクル素材を優先していますか?サプライチェーンとフットプリントに透明性がありますか?

選挙時には一票の力を発揮してください。化石燃料への補助金削減やグリーンエネルギーへの投資など、対象を絞った法案で気候危機に取り組むリーダーを選びましょう。

ビジネスにできること
産業全体を変革させるには、コラボレーションが必要です。他の企業も廃プラスチックの処理過程に投資し、この取り組みを拡大することができるよう、パタゴニアは多くのサプライチェーンパートナーの名前を共有しています。その他にも、製品からバージン石油の調達を停止し、世界的なエネルギー転換に取り組む金融パートナーと提携し、気候変動の影響を最も受けている地域の草の根団体を支援することなど、具体的な取り組みを行っています。

政府にできること
私たちの衣類が製造され、輸送され、使い古されたのちに処理される方法に、体系的な変化をもたらすためには、より広範囲かつ意義のある立法および規制の構築と拡大が必須です。リサイクルやオーガニック原料に課される関税の削減、(どこで誰によって衣類が製造されているかという)サプライチェーンの記録と開示、また、オーガニックやリサイクルの素材を採用する会社のためのインセンティブといった措置は、透明性を作るだけではありません。このような立法と規制は、企業がその影響に対して責任を持ち、産業が必要とする緊急の変化を促進することになるでしょう。

よく使われる検索語