一筆啓上……
一筆啓上……
一筆啓上……
イヴォン・シュイナード & トム・フロスト

1972年、イヴォン・シュイナードとトム・フロストは、クライマーたちにベストセラー製品の使用中止を呼びかけ、パタゴニアが今日ある会社の基礎を築いた。

読み終えるまで5分
正しく食べる
正しく食べる
正しく食べる
イヴォン・シュイナード

このエッセイは『パタゴニア プロビジョンズ ジャーナル 2020』 に掲載されたものです。 16歳の頃、ひとつだけ確信していたことがある。それは、野生の地で素晴らしい冒険をしながら人生を送りたい、ということだ。そして、そ…

読み終えるまで10分
ダムの真実を明かす
ダムの真実を明かす
ダムの真実を明かす
イヴォン・シュイナード

ヨーロッパ最後の原生河川は巨大な危険にさらされている。今回のそれは、過剰な干ばつや有害な工場廃棄汚染によるものではなく、私たちにクリーンかつグリーンで再生可能なエネルギーをもたらすはずの水力発電ダムによるものだ。事実はと…

読み終えるまで7分
下院自然資源委員会への応答
下院自然資源委員会への応答
下院自然資源委員会への応答
イヴォン・シュイナード

2017年12月19日 ロブ・ビショップ 合衆国下院 下院自然資源委員会議長 1324 Longworth House Office Building Washington, D.C. 20515 親愛なるビショップ議長…

読み終えるまで5分
熱湯のなかで
熱湯のなかで
熱湯のなかで
イヴォン・シュイナード

私は科学者ではない。だが、70年以上世界各地で釣りをしながら、冷水魚が直面する無数の脅威をこの目で見てきた。なかでも地球温暖化はとくに深刻だ。 気候変動により、地球のあちこちで水温が上昇し、冷水魚が重大なトラブルに陥って…

読み終えるまで4分
ヘイデンに敬意を表して
ヘイデンに敬意を表して
ヘイデンに敬意を表して
イヴォン・シュイナード

私たちはヘイデン・ケネディとインジ・パーキンスの悲報に打ちひしがれている。マリンダと私はヘイデンを赤ん坊のときから知っていた。彼の両親、マイケルとジュリー・ケネディは良き友人であり、ふたりはクライミングとスキーへの愛を、…

読み終えるまで2分
『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』
『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』
『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』
イヴォン・シュイナード

初版の登場から10年を経て、パタゴニアの創業者兼オーナー、イヴォン・シュイナードが2006年に書いた回顧録の傑作の増補改訂版『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』が出版されました。約半分に相当する…

読み終えるまで6分
ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで
ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで
ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで
イヴォン・シュイナード

ロイヤル・ロビンスが2017年3月4日に逝去したというニュースに、パタゴニア・ファミリーの誰もが悲しみを抱いています。個人的に彼を知っていたのは社内の一部だったかもしれませんが、そうでなかった多くの社員たちも、今日に至る…

読み終えるまで3分
公共の土地を公共の手のなかに
公共の土地を公共の手のなかに
公共の土地を公共の手のなかに
イヴォン・シュイナード

アメリカの政治家はつねに、政府を「ビジネスのように」運営することに固執してきた。彼らが請け合うのは、官僚制度の無駄をなくし、我々の問題のすべてを自由市場に解決させることだ。 さて、もしアメリカの公有地がビジネスだったなら…

読み終えるまで6分
アウトドア産業はユタを愛している。だがユタはアウトドア産業を愛しているのだろうか?
アウトドア産業はユタを愛している。だがユタはアウトドア産業を愛しているのだろうか?
アウトドア産業はユタを愛している。だがユタはアウトドア産業を愛しているのだろうか?
イヴォン・シュイナード

毎年、何百万人もの人びとがユタの公有地を訪れる。その目的はクライミング、ハイキング、スキー、狩猟、その他さまざまだ。私自身ユタの野生地で何年もスキーをし、登攀し、渓流釣りをしてきた。アメリカ国民がこれらの土地を所有し、そ…

読み終えるまで3分
『Let My People Go Surfing』
『Let My People Go Surfing』
『Let My People Go Surfing』
イヴォン・シュイナード

今年はパタゴニアの創業者イヴォン・シュイナード著『Let My People Go Surfing: The Education of a Reluctant Businessman』が刊行10周年を迎え、4割以上の新た…

読み終えるまで6分
シンプルなフライから学んだこと
シンプルなフライから学んだこと
シンプルなフライから学んだこと
イヴォン・シュイナード

私がこれまでにやってきた――登山やホワイトウォーター・カヤックから、スピアフィッシングや道具作りまで――さまざまなアウトドアへの探求や、手作業で何かを作ることにおいては、初心者からベテランへの進歩とはいつも、複雑さからシ…

読み終えるまで13分
投票することは、無駄ではない
投票することは、無駄ではない
投票することは、無駄ではない
イヴォン・シュイナード

「気候変動を否定し、世界の気候科学者の99%よりも自分のほうが賢いと自負する政治家は、いかさま師か大バカのどちらかだ。そんな奴らに、なぜ投票するのか」 アメリカでは、前回の大統領選挙で一票を投じた有権者はわずか60%だっ…

読み終えるまで5分
野生の魚はトラックには乗らない
野生の魚はトラックには乗らない
野生の魚はトラックには乗らない
イヴォン・シュイナード & マット・シュテッカー

本論説は2015年7月23日のサクラメント・ビー紙に掲載されたものです。 5月7日、ユバ・サーモン・パートナーシップ・イニシアチブ(YSPI)はカリフォルニア州では初の「捕獲と運搬」プログラムに着手する計画を発表した。捕…

読み終えるまで4分
見習い
見習い
見習い
イヴォン・シュイナード

パタゴニアは歴史的、文化的、環境的に重要で、さらにそれらが魅惑的で価値があると思う活動や伝統に敬意を表します。日本未発行カタログ『Birds of Prey(猛禽類)book』では、人間と人間以外の動物とのあいだの関係を…

読み終えるまで3分
「デッドビート(役立たずの)」ダムを取り壊せ:ニューヨーク・タイムズ紙の論説がオバマ大統領にアメリカの川の修復を求める
「デッドビート(役立たずの)」ダムを取り壊せ:ニューヨーク・タイムズ紙の論説がオバマ大統領にアメリカの川の修復を求める
「デッドビート(役立たずの)」ダムを取り壊せ:ニューヨーク・タイムズ紙の論説がオバマ大統領にアメリカの川の修復を求める
イヴォン・シュイナード

パタゴニアCEOのローズ・マーカリオからの註釈: この1か月半、私は『ダムネーション』の急上昇を目撃しつづけています。これはそれほど驚くべきことではありません。この素晴らしい映画のおかげで、人びとがダム撤去を注目すべき問…

読み終えるまで7分
野生のために働く:2013年度のパタゴニアの環境イニシアティブ
野生のために働く:2013年度のパタゴニアの環境イニシアティブ
野生のために働く:2013年度のパタゴニアの環境イニシアティブ
イヴォン・シュイナード

「世界の生存は野生にある」 — ヘンリー・ディビッド・ソロー 今年パタゴニアは創業40周年を迎えます。祝福に値する多くの功績のなかでも私がとくに誇りに思っているのは、野生を救うために実際に現場で働く人びと、つまり草の根活…

読み終えるまで6分
「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介
「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介
「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介
イヴォン・シュイナード

私は自分のことをビジネスマンだと考えるのが好きではない。私がビジネス界に対してかなりの懐疑心を抱いていることをご存知の方も多いだろう。しかし、妻と私が40年前に創業した会社「パタゴニア」は、世界的な規模でいうところの中堅…

読み終えるまで4分
生きるために:パタゴニア・ブックス最新刊 『レスポンシブル・カンパニー』より
生きるために:パタゴニア・ブックス最新刊 『レスポンシブル・カンパニー』より
生きるために:パタゴニア・ブックス最新刊 『レスポンシブル・カンパニー』より
イヴォン・シュイナード & ヴィンセント・スタンリー

我々の暮らしは自然を脅かしているし、人間としての根本的ニーズを満たせずにいる。世界的に疲弊が進むとともにお金で買えないものの荒廃も進んでおり、我々の健康も経済的繁栄も少しずつ悪化している。どうしてそうなってしまっているの…

読み終えるまで12分
イヴォン・シュイナードと2人の若いクライマーによる山の清掃活動について
イヴォン・シュイナードと2人の若いクライマーによる山の清掃活動について
イヴォン・シュイナードと2人の若いクライマーによる山の清掃活動について
イヴォン・シュイナード

セロ・トーレのコンプレッサー・ルートに使用された極地法は、いかなる手段を用いても山を征服し、その後はハーケンやボルトやロープやケーブルも残置するという、アルピニズムにおける利己的な「マニフェスト・デスティニー(明白な運命…

読み終えるまで2分
タンプラインについて
タンプラインについて
タンプラインについて
イヴォン・シュイナード

今日はパタゴニアの創設者イヴォン・シュイナードが私たちの製造する最もシンプルなギアについて書いたエッセイをご紹介します。1980年にシュイナード・エクイップメント社のカタログに掲載されたものです。 少し前にスキーの展示会…

読み終えるまで7分
よく使われる検索語