ショッピングカートに追加しました

JEFF JOHNSON

公正労働協会 (Fair Labor Association)

パタゴニアは公正労働協会(Fair Labor Association = FLA)の会員です。FLAは社会的責任に対してより透明性をもって関与し、その責任の所在を明らかにするための組織です。FLAは複数の利害関係者によって先導されており、そうした企業や大学、NGOなどの異なる支持母体が協力して労働者の生活向上を目指しています。さらには国際労働機関(The International Labor Organization=ILO)や政府、労働関係システムなどを補足し、参加企業やライセンス契約業者および契約工場といったサプライチェーン全体を通して労働環境基準の遂行を監督します。

会員の工場を監視し、調査結果を一般公開する義務のある第三者機関として機能するFLAでは、正式認可を受けた契約監査人が会員の契約工場で独立した監査を実施します。彼らはまた施設内で発見された問題を再調停し、企業の内部規定プログラムを独立的に立証します。

公正労働協会理事会は、大小取り混ぜたブランドの代表6人、大学関係者代表6人、NGO代表6人、それに理事長を加えた19人で構成されています。倫理的な委託契約の最善のモデルを創るのは大変複雑であり、優良工場の認証やブランド側が期待する要求事項の伝達、そして労働者の生活向上のための持続可能な解決策を提供するためには、すべての利害関係者の協力が不可欠です。そしてそのための場を提供するのがFLAです。

FLA会員であることが意味すること
2001年、パタゴニアはFLAの独立外部監査プログラムに参加しました。そして参加企業としてFLAの原則に賛同しました。下記の企業責務でご覧いただけるように、これにはパタゴニア従業員による厳正な内部監査プログラムや、私たちの工場の5パーセントに対して第三者による抜き打ち監査を毎年行うことなどが含まれています。FLA会員であるということは、監査、研修、調査などの多大な専門的技術を利用できるということです。そして抜き打ちの監査結果をウェブサイトにて公開することにより、私たちのプログラムに大きな信頼と透明性がもたらされます。FLAの会員は下記の責務によって評価され、FLAの責務を満たした企業は3年の正式認可が受けられます。さらに3年後に再公認されるためには、ふたたびプログラムの査定を受けなければなりません。パタゴニアは2008年10月にFLAの認定会員になりました。認定会員として、パタゴニアにはサプライヤーと同様、抜き打ち監査を課せられます。パタゴニアは2011年10月に認定の更新が必要になります。FLAが行ったパタゴニアの監査についてはブログ「クリーネストライン」をご覧ください。

企業責務

行動規範の採用と伝達

  • FLAの水準を満たす、あるいはそれを超える行動規範を公式に採用すること。
    契約工場に文書で知らせること。
  • 契約工場の施設内の目立つ場所に、従業員やマネージャーが日常語で行動規範を貼り出すこと。
  • 行動規範は(社員の入れ替わりをふまえて)従業員に定期的に口頭で伝え、教育すること。
  • 公認外部監査人による定期的な点検/監査の受け入れや、FLAの労働環境基準の遵守に違反していることが発覚した際の再調停の要請、さらには従業員へのFLA基準の伝達についての合意書を、契約工場より文書にて獲得すること。

内部規則管理スタッフの研修

  • 内部規則を実施する担当スタッフまたはサービス提供者を指名すること。
  • 適切な国際/国内労働基準、現地語、職務上/生産上のリスク要因、監督技術、面接、再調停など、すべての担当スタッフにそのための研修を確実に提供すること。
  • 定期的に研修内容を更新すること。

従業員に匿名で報告できる手段を用意する

  • 契約工場施設に苦情処理手続きの方法をうながすこと。
  • そうした施設の従業員や労働者に、正当な理由があれば契約企業に直接、そして匿名で連絡できる手段を用意すること。
  • 苦情報告手段を利用した労働者が懲罰や差別を受けないよう、その機密性を確保すること。

内部監査の運営

  • 労働者との面接や記録の審査、職務上の安全と健康についての検査、契約工場におけるFLAの労働環境基準の実施状況など、遵守状況の監査のための適切な内部サンプルを摘出すること。
  • 労働環境基準の遵守例を、収集/立証し、さらに数値化すること。
  • 監査結果と遵守違反の際の再調停計画遂行を分析すること。
  • 再調停の進捗を確認すること。

独立外部監査人に従う

  • 正確かつ最新の使用工場リスト、工場の詳細、アクセス許可の手紙などをFLAに提供すること。
  • 独立外部監査に選ばれた契約工場がFLA監査人に協力することを保証すること。
  • 独立外部監査のプロセスで生ずる情報提供や詳細説明、および追跡調査などのFLAの要求に協力すること。

遵守情報の収集と管理

  • データベースを管理すること。
  • 必要な場合に最新の契約工場リストを作ること。
  • 遵守に関する調査結果を分析すること。
  • これらの活動についてFLAに報告すること。

適時な再調停

  • 内部および独立外部監査報告を受領したあとは、適切な期間内に懸案の契約工場に連絡し、監査報告によりもたらされた提言を盛り込んだ再調停計画に合意を取りつけること。
  • 遵守違反に関する再調停計画を遂行し、再発防止に向けて行動を起こすこと。
  • 60日以内に再調停計画の進捗状況と未解決問題に必要な所要時間をFLAに報告すること。
  • 再調停の完了を確認すること。
  • 将来の取引の条件として契約業者および契約工場に基準の遵守を設定すること。

遵守違反が継続しないよう防止するために必要なすべての手段を尽くす

  • 遵守情報を分析し、継続するおよび/または深刻な遵守違反を識別すること。
  • 重大な遵守違反防止のためのプログラムを確立/実行すること。
  • その他の該当施設における遵守違反の発生防止のために行動すること。

市民団体との協議

  • 労働権のために活動する地元の市民団体との関係を維持する。また必要であれば労働環境基準の遵守違反の報告に関してそうした市民団体を活用し、企業の従業員とその契約/委託工場の従業員との意思疎通を図ること。
  • 監査活動の一環として、地元に精通した情報源と協議すること。
  • 適切な場合には、法的に労働組合に任命された代表従業員と職場にて定期的に協議し、監査プロセスについて労働組合の意見を活用する。
  • 該当する団体交渉と一貫性のある監査が遂行されることを保証すること。

会費の支払いとその他の手続き上の必要条件

  • 年会費を支払うこと。
  • 独立外部監査の管理費および監査費用を支払うこと。
  • 必要なFLA契約を尊重し署名すること。
  • 工場リストや規格化されたアニュアル・レポート、その他の情報を記入し、期限内に提出すること。

The Fair Labor Associationのウェブサイト (英語)をご覧ください。