コンテンツに移動

延伸ポリエチレン(ePE)

延伸ポリエチレン(ePE)は有機フッ素化合物を使用することなくギアの耐久防水性を促進する、耐久性を備えながら軽量な素材です。

なぜ

メンブレンは見落とされがちですが防水性のギアには欠かせない要素の一つです。シェルの表地に貼り合わせられたこの薄い内層素材は、水を通さない小ささながら汗を蒸気にして外側へ逃がす大きさの孔を備えています。メンブレンは長い間、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)という疎水性と耐久性に非常に優れた素材で作られ、とてもよく機能するものでしたが、そこには懸念がありました。それは、ePTFEが生産工程内で一般的にPFCやPFASとして知られている有機フッ素化合物を使用しているということです。最終製品では安全ですが、これらの合成化合物は製造過程で空気中や水中に混入する可能性があります。有機フッ素化合物は環境――そして私たちの体内――に無期限に残留します。そのため私たちには代替品を見つけることが必須でした

現在の取り組み

約10年前に私たちはゴアテックスと協働で、PFCまたはPFASを使用せずに、最もテクニカルなマウンテンスポーツのための防水性ギアを製造することに取り組みはじめました。こうした有機フッ素化合物不使用の製品は、雪やバックカントリーの地形における最も厳しい状況にも耐えねばならず、それと同時に着る人の体をドライで快適に守る必要があります。そのような妥協を許さない耐久性のレベルを達成することは挑戦に満ちていましたが、ゴアテックスの研究開発とテスト、そしてパタゴニア独自のラボとフィールドでの厳しいテストを経て、ついに成果が実りました。

2022年秋に私たちは、ゴアテックスの延伸ポリエチレン(ePE)を採用した2層構造のストーム・シフト・ジャケット&パンツを発表しました。これは残留性の有機フッ素化合物の必要性を排除しながら、防水性/防風性プロテクションおよび透湿性におけるパタゴニアとゴアテックスの高基準を満たすというものです。

2023年秋には、最も過酷で多くが要求される山での経験にも耐えるゴアテックスePEの3層構造バージョンを、パタゴニアの頂点を飾るアルパインおよびスノー製品に導入しました。そのラインアップには、トリオレット・ジャケット&パンツ、スーパー・フリー・アルパイン・ジャケット、アルパイン・スーツ、アントラックド・ジャケット&ビブ、ストーム・シフト・ジャケット&パンツが名を連ねます。

次なる展開

ePEへの移行は2025年までに全製品にわたって有機フッ素化合物不使用のギアを製造することに切り替えるという、パタゴニアのより大きな目標の一部です。

*ゴアテックスの持続可能性の目標についてはこちらを参照ください。

延伸ポリエチレン
よく使われる検索語